Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< 紅茶染/ワイン染/マテ茶染 | TOP | くるみボタン 比較&コツ >>

スティックのりで仮固定

ヘム(袖口や裾などの折りしろ)処理、あれこれ試しながら未だ決定打にいきついていません。簡単に、美しく、着心地の良いカットソーを仕上げる方法はあるのでしょうか。家庭用ミシン使用で。

「簡単に」・・・縫製前段階の手間をなるべく減らしたい
「美しく」・・・縫製時の縫いずれ、縫い目のみだれ、縫い伸びを回避したい
「着心地」・・・縫製後のツレ、糸切れをなくし生地本来の伸縮性能を生かしたい

【しつけ】 は結構有効なのですが、しつけをかけるのも後で糸を抜くのも時間をとられる作業です。ミシンの下糸などに使える熱接着糸の メルター水溶性縫い糸 を活用すればそのあたり解消されるでしょうか。実験してみたい課題です。

【アイロン接着テープ】 は割と手軽に使え、くもの巣タイプの ダイナックテープバイリーンMF 等活躍していますが、接着部に多少固さが残る気がします。アイロン接着後洗い流せる(水溶性の)製品があると理想的なのですが(海外製品だと Soluweb あたり? ← 本来は刺しゅう用)。

そこで、今回試してみたのが 【スティックのり(水溶性)】 です。

ヘムの処理(スティックのり)
  • 縫代をアイロンで折り上げておく

  • スティックのりを折り代部分に塗り指でしっかり押さえて接着

  • ドライアイロンでやさしくプレス(のりを乾かすため)

  • ステッチを入れて、完了!

はじめこのTIPSを海外サイトで見たときはお手軽すぎて違和感?罪悪感?を感じましたが、調べてみると大手のプリットやスコッチなどは用途に「 fabric (布)」と明記されていますし、どちらも「 Non-toxic and washable (無公害性&水溶性)」です。

伸縮するステッチを使用すれば(のりは洗い流せるので)生地本来の伸縮性を生かすことができます。のりに生地のケバケバがついてしまうのが難点と言えば難点・・・また、きれいに接着するには少しコツが必要かもしれません(アイロン接着テープと比較して)。でもなにぶん「のり」なので気軽です。
    アップリケやバイアステープの仮固定などにも応用できるでしょうか

【スティックのり オフィシャルサイト】

日本語のページでは明記されていませんが、問い合わせたところ
本国と同等に「無害」や「水溶」といった品質をもっているそうです。

■ プリット(コクヨ)
日本 / 英語 / 楽天ショップスティックのり

■ スコッチ(スリーエム)
日本 / 英語 / 楽天ショップ

わざわざ(?)文具用のスティックのりを使わなくても布専用もあります
Busy Bee / カントリーママ / クロバー / ミアンミアン(ペンタイプ)
Sewing Tips
-
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :