Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< スティックのりで仮固定 | TOP | 簡単バイアス処理(バインダー/パイピング) >>

くるみボタン 比較&コツ

【くるみボタンの種類】

くるみスナップ、フラットなハトメボタン、ソースルー、等 加工を依頼 すればバリエーションが広がりますが、今回は自作キットが手軽に入手できるタイプについて。

押し込むタイプ : ハンマーいらずで静か プラスチックホルダー×アルミ金具
カバード釦 (サンコッコー/清原) : 、日本製、足しっかり目 : 使い方&詳細画像
├ ミラクルボタン (ゴンドラ商事) : 米国製、足細長(弱い?) : 使い方&詳細画像
インクジェットプリンタ用 手作りボタンキット (サンワサプライ) : ミラクルボタンタイプ

打ち込むタイプ : 押し込むタイプより簡単にしっかり包むことができます
├ (五百番スナップ本舗/石崎プレス)
│  ├ ホームツツミボタン : 家庭用、プラスチック製打ち具 : 詳細(動画あり)
│  └ クロスシー/ハイクロスシー : 職業用、ステンレス製打ち具(高価)、ボタン単価安
└ (ゴンドラ商事)
   └ ミンク : 裏側がシンプル → クロスシーとの比較画像、その他情報満載ページ

ぐしぬいタイプ
├ ポッポクルミ、他 : プラスチック製、くるまれるパーツのみ、和装/アップリケの装飾などに
くるみボタン (クロバー) : ポリアミド製、足小さめ、服向き、丈夫、厚地不可 : 使い方

選択のポイントのひとつに、裏側のつくり、があるかと思います。ミラクルボタンやミンクは足が細めでペンチなどでも簡単にはずせるらしく、ヘアクリップなどにつける場合扱いやすそうです。カバード釦やクロスシーは穴があるので、ヘアゴムなどを通しやすいです。クロバーのプラスチック製くるみボタンは糸穴が小さいので洋服向きでしょうか。プラスチック製なのでつぶれにくい、布が擦れて切れたりしにくい、色がナチュラルなので透けても違和感少ない、金属アレルギー対応、といった利点も。
ホームツツミボタンの打ち具はクロスシーやミンクにも(サイズによっては/自己責任のもと)流用可らしいので、今後くるみボタンをたくさんつくる機会があれば「ホームツツミボタン×クロスシー」を試したいです。

AZ-NET では 取り扱い各種あります
くるみボタン 各種

【くるみボタン コツ】

くるみボタン初心者の私ですが、「ハンマーで打たなくてよい、ボタン単価がお手頃、ヘアゴムをつくりたい」という理由から、まずは サンコッコーのカバード釦 を購入し、ネット検索しながらきれいに仕上がるコツを探ってみました。
使用している生地は Liberty のタナローンです。薄手ですがハリがありほつれにくくボタン作りに向いている気がします。今回は薄手の芯を貼り、キルト芯を挟み、ボンドには フィットボンド を使用しました。

カバード釦 コツ
布の選択 : 薄すぎず、厚すぎず、薄い場合2重にするか接着芯を貼る
位置決定 : 柄の上下左右がずれないように 消えるペン などで印を入れておく
ふっくら : キルト芯 を挟んでふっくらきれいな仕上がりに
シワ回避 : 最初に押し込む時しっかり ピンセットなどで中心にひっぱりながら整える
外れ難く : 裏側のボタンを押しこむ前に ボンド を薄く塗る


【くるみボタンのヘアアクセサリ】

ボタンの裏側にある足をペンチ等でカットし、台付ピンへボンド等で接着すればオリジナルのヘアピン(ぱっちんどめ)になります。ボタンの足をそのままに、ゴムを通せばヘアゴム(ポニー)に。服を縫ったあとのハギレでつくれば服とお揃いのヘアアクセサリになります。

制作例その2 (当ブログ内)
■ 布でくるむヘアピンについては こちらです


しずく玉セット2.2mm×5mパッチンどめ 5cm幅×10個ヘアピン 48mm×10個
花カップゴムウーリーゴム台付パッチン台付ヘアピン
Sewing Tips
-
| comments (2) | trackbacks (0) |

Comment

おおお,これまたすごいリストありがとうございます♪
ぐし縫いタイプのくるみボタンは大昔に一度だけ作ったことがあります。
細かい作業が苦手なので,「二度と作るものか!」
と思っていましたが(笑),
これを見ているとまた作りたくなってきました*^_^*
eye | 2008/11/25 00:12
手で押し込むタイプは、ぱこっ、という感触がくせになりそうです(笑)。
同じ布からでも柄のどこを出すかで全然雰囲気が異なるボタンになったり、
奥が深くて楽しかったです☆
arun | 2008/11/30 21:28

Comment Form









Trackback

Trackback URL :