Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< 簡単バイアス処理(バインダー/パイピング) | TOP | アイロン接着くもの巣テープで仮固定 >>

簡単ゴムウエスト(幅広ゴムを縫い込む)

子供が小さいうちは大活躍のウエストゴムのボトム。そのゴムの入れ方について、現在私の中で以下の方法が主流となっています。

  • 巾1cm程度のゴムを2段に入れる

  • 巾2.5~3cmのゴムをウエスト部に収めた後ステッチで押さえる


ここでは後者について書きます。はじめこの方法を OTTOBRE design で見たときは、後からゴムの長さを調整できないなんて危険すぎる!と敬遠しました。が、その後、サイクルの早い子供服でゴムの入れ替えや長さ調整の機会がほとんどないという事実に気付き、この方法を試したところ、様々なメリットを発見しました。

  • ゴム通し口をつくる手間がない

  • ゴムを通す手間がない

  • ゴムがウエストベルト内でよじれる心配がない

  • ギャザーが均等によって見た目がよい

  • ウエストのあたりがやわらかくなる


下の画像、右2点がこの方式で縫ったウエストです(ベルト布が別断ちですが)。右端は細コーディユロイ。こまかなギャザーが入ることでゴワつきが抑えられています。左端は一般的な方法でゴムを通したものです。生地自体は柔らかいコットンなのですが、(特に脇など縫代が重なる部分に)もたつきがみられます。

elastic casing image.jpg

縫製手順は以下のとおりです。

elastic for waist
1.前後パンツを縫い合わせてからウエスト断ち端をロック始末 [ピンクのジグザグ線]
2.ゴムの端を重ねて縫い合わせ「輪」の状態にし、4等分し合印をつける
3.ゴムの合印と本体の前後中心&左右脇を合わせ縫いとめる [赤い点線、縦方向]
  (ゴムの端は折り返し線 [白い点線] に合わせる)
4.ゴムを本体布に合わせてひっぱりながら端を縫う [赤い点線、横方向]
5.折り返し線で裏側に折りステッチ[緑の点線、先の縫い目(赤い点線)をなぞるように]
6.お好みで表からもステッチを入れる [黄色の点線]

【2009.04.06.追記】
写真を追加します。番号は上記手順と対応しています。
elastic casing howto.jpg
以下の場合はうまく仕上がらないことがあります。

  • 生地が厚い/重なりが多い(ベルト部別布仕立て等)

  • ゴムが固い(柔らかい方が馴染みがよくサイズを合わせやすい)

  • ゴムと生地の長さに差が大きい(ギャザースカート等)

Sewing Tips
-
| comments (11) | trackbacks (0) |

Comment

なるほど。すごい勉強になりました。
確かに小さいうちはゴムかえたりなかなかしないですよね。
チビたちのズボン、今度はこのやり方でゴムいれてみます。
snowmama | 2009/02/23 02:22
■ snowmama さん
画像だと分かりずらいので、機会があれば写真で工程をご紹介できれば、と思っています。
そういえば、この方法を試した理由のひとつに、手持ちのゴムに幅広なものしかない、という現実的な問題がありました!でも試してみたら仕上がりのすっきり具合が気に入って、現在登場率が高いです。
arun | 2009/02/23 07:17
はじめまして、最近はチョコチョコ覗き見してました^^;
私は典型的な面倒くさがりで、出来ればゴム口は開けたくない派でして・・・まぁ開けるなら下を1CM ほど縫い残して・・と言う方法をとりたい全くもって適当な人間です。
でも、一応ちゃんと開けておりますが・・・
ご説明にある方法は、以前ブラジルの友人から聞いて、大人のストレッチパンツなどを縫っていました。
でも、私のやり方はもっと簡単で、ゴムを最初からロックで縫い付けると言うやり方です。仕上げはジグザグ(当時はニット用バインダーミシンがなかったので)でステッチしていました。やはり直線だと着脱の時ブチッといきそうなので・・
私の子供はもう社会人で、モデルになる子もおらず、どれがいいのか悪いのか解らないまま製作しています。・・趣味が高じて布の山になってまして・・
長々すみません。是非又勉強させてくださいね。
joia | 2009/02/23 22:34
■ joia さん
コメントありがとうございます。
この方法だとステッチの本数は増えますよね。でもなんとなくゴム口を開けるよりはスピーディーな気がします。家庭用ミシンとロックミシンの行き来が減るからでしょうか。
直接ゴムをロックで縫うときは、ゴムを輪にする前に、でしょうか。そういえばロック用ゴム縫い押さえを持っていることを思い出しました!極めれば素早く仕上げられそうですね。
こちらこそ、またお話伺えればうれしく思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
arun | 2009/02/24 10:27
おはようございます。
質問に対してチョとだけコメントします。
ゴムは輪に縫っておいた状態でロックします。大人服の場合、このやり方だとお腹、ウエスト周りがすっきりします。ゴム独特のクシュっとなった感じはなく、ローライズにはもってこいでした。そういえば思い出しました。ブラジルの友人からなんちゃって2本針を貰ったんです。それはなんともシンプルで2本の針を溶接でくっつけた針でした。でもその時は目からうろこで、すごいぞ!!と思ったものです。今は日本でもありますよね。日本のは確か針の高さが違ってたような・・・ブの方は同じ高さです・・・プッ!!
こちらで紹介された簡単なバイヤス、見返し付けを利用して見返しなしのカーデを作る予定です。
又、更新待ってます!!
joia | 2009/02/24 21:12
■ joia さん
さっそくのお返事ありがとうございました。
輪の状態で、ですね、やってみます☆
溶接2本針って、格好いいですね!自分のミシンで使うのは気が引けますが・・・(笑)
私が持っているのは日本で購入したシュメッツ(ドイツ製)ですが [ → LINK ] 同じ高さに見えます。現在 TIPS ページで紹介している4mmの他、3mmと2.5mmも入手済ですので、いずれレポートできれば、と思っています。
arun | 2009/02/25 08:35
へぇ~。なるほど!
私はボタンホールやゴム通すのは苦でないのですが、(2列だと嫌だけど)最後ひっぱりだしてステッチでおさえるのがキライだったんです。
先に輪にしておけるのはいいですねぇ。しかもジグザグでいっぺんにつけたらはやそう!

ottobreちゃんと目通してるのが偉いですよね。私、型のみ利用で最近は英語は目通してなくて・・いつも情報ありがとうございます☆
説明文が画像のどこにリンクしているのか画像に番号入れてくれたらもっとわかりやすいと思いま~す♪♪

ちなみにわたし最近はボビンさんのソフトゴム使ってるんだけど(大巻きなのでしばらくコレのみ。おなか苦しくなさそうなのはいいけど、伸びがよすぎて長さ決めるのがむずかしいです。)arunさんはどこのもの使っていますか?
maikito | 2009/02/25 18:29
■ maikito さん
この方法だと、ロックで縫い合わせ&端処理→直線ミシンで裾上げとゴム入れ、と作業がわけられるので、量産体制のとき、少し楽だった気がします。あと、私、たぶんゴム入れが下手なのです。「ゴムを通す時間>ウエストにミシンステッチかける時間」なのは確実!
画像、そうですね、番号入れてつくりまーす。入園準備が終わってから、かな!?
幅広ゴム、ボビンで購入したものはほぼ使い切ってしまい、近所の手芸用品店で入手したものは質がイマイチ(輪ゴムもヘアゴムもゴム関係は日本製が素晴らしいと思います)、というわけでこちらで色々仕入れてみました。 → 幅広ゴム: LINK 、コールゴム: LINK
arun | 2009/02/26 09:48
arunさん、こんにちは。

幅広ゴムを縫い込む方法、
shareして下さってありがとうございます。
さっそくtryしてみました。
図解入りの説明をしてくださるので、
ソーイング初心者の私にも分かりやすくてすぐにできました。

そこで、続けて、
arunさんがされているように別布でウエスト部分を作ろうと試みましたが、
「う〜ん・・・」
arunさんのようにきれいに出来ませんでした。
布の配置など、どのようにされているのでしょうか?
ami*so*hi。 | 2009/03/18 03:51
■ ami*so*hi。さん
こんにちは!コメントありがとうございます。
写真に載せている別布のボトムは、ゴム幅中央のステッチ(黄色の破線)がすっきりギャザー効果を担っていて、ベルト下部のステッチ(緑の破線)は平ゴムを貫通していません。本体布とベルト布を縫い合わせたときの縫代は上側(ベルト内部)に倒してあります・・・が、これがいいのかどうかは不明です~。
arun | 2009/03/18 09:55
ありがとうございます!
教えていただいた方法でもう一度トライしてみますね。
ami*so*hi。 | 2009/03/19 10:47

Comment Form









Trackback

Trackback URL :