Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< ロック用ミシン糸の揃え方 (太さ&色) | TOP | 飾り縫い(ファゴティング)で端始末 >>

リングスナップ/ドットボタンの固さ調整

リングスナップの硬さ調整リングスナップやドットボタン(アメリカンホック/スナップボタン)のかみ合わせ具合が固いとき、ペンチでゲンコ(オス/下型/凸)パーツをつまむとゆるめることができます。あまり力を入れなくても変形するので、様子を見ながら優しくつまむのがコツです。私の場合、大抵2回(時計の針でいうと12&6時、3&9時の所)つまむと丁度いいです。調整によっては子どもの力で引っ張るだけでもはずれる程までゆるめることが可能なので、自分でお着替服用やスタイの事故防止にも役立つのではないかと思います。

画像右側、つまむことでゲンコ部の曲面が平たくなった状態です。ちなみに、本来のスナップ取付方法ではこの凸パーツが後身頃、凹パーツが前身頃になります。私の場合なぜか逆の方が片手ではめるときやりやすいので、Tシャツの肩などには凸を前につけることが多いです。


リングスナップ、手芸店などで購入すると結構お値段する(パーツ一組あたり30円以上)ので、私はこれまで以下のオンラインショップを利用してきました。



マルチプライヤー(楽天最安値?)の他、スナップ、リベット、
アイロンプリント、ロット&タックボタンもあります [ism]

スナップ&副資材 ism [楽天]

Sewing Tips
-
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :