Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< [デニム小物] 工具ケース/CSキャンバストート | TOP | [あみぐるみ] ペネロペのリリーローズ(ゾウ) >>

[オイルクロスバッグ] chikuchikuhappy/RickRack

chikuchikuhappyビニールコーティングのトート
コバステッチがきまるビニコトート
│ (chikuchikuhappy
└ ビニールボンディング
  [マルチボーダー]
  (peu connu) 閉店
制作:2010年7月

中々消費できないコーティング生地を実用的なバッグに変身させたいと思い、あちこちで評判のよい chikuchikuhappy さんの型紙を入手しました。商品説明では「レシピ」と表現されていますが、ちゃんと実物大パターンつきです。しかも2サイズ。一般的に縫いにくいと言われるツヤあり(光沢)厚手の生地でも縫製に支障がでないよう、よく考えられています(コバステッチを入れる手順の他、縫い代の重なりを軽減する工夫など)。パターンは持ち手、側面、底、の3パーツ。パターンどおり、手順どおりに製作したところピシッと自立するトートができあがりました。


RickRackラミネートバッグ(中に箱を入れて撮影しています)
ラミネートバッグ (Rick Rack
アップルラミネート [0.2mm厚・モカ]
リングファスナー [AG/ネイビー&プラ/生成]
制作:2010年8月

RickRack さんのラミネートバッグは、横型&ファスナ付、です。マチはたっぷり12cm。縫製手順は一般的なポーチの縫い方と大差ない感じ(本体が縫いあがってからコバステッチを入れる指示)。パターンは持ち手と本体の2パーツ。RickRackオリジナルラミネートは0.2mm厚の方でも薄手なので縫いやすかったです。持ち手は短めで、肩にかける場合は数センチ伸ばした方が使い勝手いいかもしれません。生地を50cm購入し、バッグの他、RickRackリングファスナー[小]と幅がぴったりのポーチをひとつ裁断できました。

RRラミネート生地の説明では「光沢あり=ビニールコーティング、つや消し=ラミネート」と読み取れるような表現がありますが、一般的にはラミネートもビニールコーティングもオイルクロスも同義ですよね。言ってみれば二層以上重ね合わせる加工がラミネート、重ね合わせる片方がビニール素材ならビニールコーティング、防水加工生地全般がオイルクロス?


どちらのパターンもオイルクロス専用っぽい名称ですが、汎用性はあると思います。ラミネートバッグの説明「キルティング生地や麻デニムでも」を見て子供用レッスンバッグを妄想しました。コバトートの方は、レザーや帆布で挑戦してみたいです。


Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (2) | trackbacks (0) |

Comment

はじめまして、akoと申します。
少し前からおじゃまさせていただいていましたが、chikuchikuhappyさんでこちらのトートバッグを見てびっくりして思わず書き込んでしまいました。
私も同じ生地を持っているのですが、どう使おうか悩んだまま眠らせてしまっています。

arunさんの腕も大きいと思いますが、やはり仕立て映えする布ですね。
とても参考になりました。
ありがとうございました。
ako | 2010/09/16 11:37
■ ako さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
私もこちらの生地だいぶ長いこと寝かせていたと思います。
プールバッグやペンケースなど少しずつ使っていたのですが
もうこうなったらCSさんの本に載っているトランク LINK
でもどどーんと縫ってしまおう(使う予定ないけれど)、と
思っていたところにこのトートレシピと出会いました。
なんとなく、ですが、ボーダーに断つとキリっとして、ストライプに
断つと甘さが出る気がします。やわらかくて縫いやすい布でした☆
arun | 2010/09/17 03:05

Comment Form









Trackback

Trackback URL :