Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< ダブルニードル(二本針)で裾/袖口処理 | TOP | 上送り押さえ (キルティングメイト/ウォーキングフット/送りジョーズ) >>

ゴムカタン糸でシャーリング

ゴムシャーリング
【ゴムシャーリングについて覚書】

■ 下糸にはゴムカタン糸を、上糸には60~30番のポリエステルミシン糸(シャッペスパン)やレジロン等を使用

■ ボビンに捲くときは8割程度のばしながら8分目くらいまでにする

■ 針のサイズは上糸に合せる

■ 縫製後のアイロンやスチームは避けた方が無難

■ 糸調子はボビンケースのねじで調整
├ ケースのない水平釜のミシンは不向き ← でもできました
└ ネジを右にまわす=ゴムがきつくなる=ギャザー量増える

■ ギャザーが並ぶ場合交互に逆方向から縫う
└ ギャザーのねじれを防ぐため
     →→→→→→→→
     ←←←←←←←←
     →→→→→→→→

■ 縫い始めと縫い終わりは糸を長めに残し、ギャザーを整えてから上下糸を裏側で結ぶ
├ ミシンの自動糸切り機能は使わない
├ ミシンによっては返し縫いできる場合もある
└ 縫代にかかる場合はそのまま縫いとめても


【ゴムカタン糸】
右端は「シャーリングテープ」、平ゴムのようにたたきつけるタイプ。半透明で透けにくいので薄手生地にも。下糸にゴムカタン糸を用いてうまく縫えない生地やミシンに。

金天馬ゴムカタンゴムカタン糸エクステ用シャーリングテープ
金天馬 色々お試し価格耐性UP半透明







【2008.08.25.追記】
かわいい画像つきの解説PDFをみつけました。英語で表記されています。


Portabellopixie > Shir Madness (PDFファイル)

Step1:ゴムカタン糸を手でボビンに巻く。このときにゴムをのばさないように気をつける。いつもと同じようにボビンをセットする。

Step2:ハギレで試し縫いをし、糸調子をみる。生地を元の長さまでひっぱることができなければゴムの調子が強すぎ。[画像-正しい糸調子(生地裏)]

Step3:できるかぎり三つ折り等の端処理は済ませておく。生地に線を引いてもいいけれど、押さえをガイドに縫う方法もおすすめ。糸端は後で結ぶために長めに残しておく。縫い始めは数針返し縫い。

Step4:Step3で長めに残した糸端を縫いこまないように気をつけながら縫い始め位置までまでステッチ、最後数針返し縫い、糸端を長く残してカット。(arun注-ここではドレスの身頃を縫っていて既に脇縫いが終了し生地が輪になっています)

Step5:長く残した糸端を2~3回結び、余った部分をカット。

Step6:先に縫ったステッチをガイドに次の列を、生地をひっぱりギャザーを伸ばしながら縫う。

Step7:以上を必要なだけ繰り返す。ゴムカタン糸にアイロンスチームをあて(スチームだけ。アイロンを糸に触れさせない)シャーリングをきゅっとさせ、整える。


ボビンに巻くとき伸ばさない、最初と最後の返し縫い、スチームでシャーリングを整える、等、機会があれば試してみたいと思います。

ゴムカタン糸の端を結ぶ場合、洗濯を繰り返すとほつれてくることがあるようです。そんなときは固結びの最初に糸を交差させるとき、ぐるっと巻きつけるようにする外科結びを試してみてください。


【2008.12.01.追記】
シャーリングの縫い始めと縫い終わりの処理について 解説図 つくりました。
実践作品は こちらのサンドレス です。
Sewing Tips
-
| comments (0) | trackbacks (1) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :

久しぶりの作品・・・子供シャーリングワンピ | キンのブログ
久しぶりに、子供服を作りました(^_^)v
2010/07/04 22:11