Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< [洋裁用具] クロバー シームオープナー | TOP | 日本ホビーショー 2011 >>

[パーソナルカラー診断] Best Color Room ALICE にて

カラー診断とは、その人の肌や目、髪の色、骨格や雰囲気などから、似合う色を導き出してくれるというものです。私はソーイングブロガーさんの間で評判の アリス で診てもらいました。メイクやファッション、ヘアカラーなどについてもアドバイスしてもらえます。何種類かあるコースのうち、私は生地選びについて相談したかったので(後出の)ドレープテスト短縮版と相談時間のある「ファスト+ご相談30分コース」にしました。

似合う色については、カラー群(グループ分けされた色)で教えてもらえます。アリスの場合、色の3属性(色相:イエロー系統/ブルー系統、明度:高い/低い、彩度:高い/低い)の組み合わせにより、8グループに分類しています。それぞれに独特かつイメージしやすいグループ名がつけられています(トロピカルヘルシー、スパイシーリッチ、など)。

診断を受ける前、アリスの WEB自己診断 や書籍 ベストカラー発見BOOK で自分はどこのグループに属するか、想像してみました。普段着ている色、好きな色は、淡い中間色やナチュラルカラーなのでナチュラルシックかソフトエレガントかな。意外と濃い色も似合いそうだから、ラグジュアリモダンもありかな。云々。

201104_colour_3.jpg
ところが実際には彩度が低い中間色やスモーキーカラーは要注意!NG!でした。一番似合うグループが「クールシャープ(冬クリア)」、セカンドが「ピュアロマンチック(夏クリア)」との結果・・・つまり、ブルー系のクールな色、くすまずはっきりクリアな色、が似合うらしいのです。

診断は、結果を聞くだけではなく「ドレープテスト」といって、顔の下に無地のカラー布を次々と変えながら顔移りを見せる肯定があります。私の場合、イエローベースやスモーキーカラーを当てると、ものの見事に顔がくすんだり赤味が強調されたり、ひどいときには怒ったように見えました。目の色、髪のツヤ感、輪郭の出方などにも影響がありました。反対に布の色も私の顔と組み合わせることによって違って見えました。鏡に映った自分の目を見たまま胸元のカーキ色の布に意識を向けると、まっ茶色に見えるのです。対比現象(目の錯覚)によるものだそうですが、実体験すると驚きます。診断結果についても納得せざるをえません。

似合う色については、カードサイズのカラーパレットが渡されます。私はオプションの「NGカラー」セットも購入しました。画像左側の上がOK、下がNGです。混ざっても簡単に区別できるよう、NGの方はカード右上を斜めにカットしました。

201104_colour_2.jpg

お買い物のときなどはこのカードと照らし合わせて似合うかどうか判断できる、というわけですが、これが中々すっきりはっきりできません。画像右は左側がNG、右側がOKなのですが、付き合わされた中央一番下の藤色など、違いがかなり微妙です。

生地を買う場合など、色だけではなく、素材感や柄も大切です。基本的にナチュラル/カジュアルがNGなので、光沢感やハリのある素材推奨。花柄、チェック、エスニック、ノルディック、ペイズリーもハワイアンもNGで、そのまま壁に飾れそうな大柄、幾何学柄、モダン柄、推奨。ミックスツイードのようなマルチカラーや千鳥格子等遠目に無地っぽく見えるものはOK。ボーダーよりはストライプ。生成りではなく真っ白。派手ではなく華やかを目指してください、とのことでした。

相談時間では持参した布を見てもらったのですが、リバティもキャスも当然ながらNG。HARUさんで購入した秘蔵のローンプリントもNG。当日着ていたベージュのダッフルも、ペイズリーのストールも、気持ちよいくらいにダメ出しされました。

今後、自分服を縫う場合には診断結果を意識したいのですが、何しろ自分の好みをある程度封印しないとクールでシャープな選択にはならないのが難しいところです。布にしてもパターンにしても脱ナチュラル!と言い聞かせながらネット徘徊していますが、中々。シャープさをやわらげたかったらピュアロマンチック路線もよい、とのことなので、その方がとりかかりやすいかな。「好き」と「似合う」をうまく融合させる術を探りつつ。

来年は入学式や七五三等イベントがあるので大物を縫いたいのですが、挫折したら着物にします。クールシャープはフォーマルな着物、似合うそうです。岩下志麻さん(同じカラーグループ)ばりに迫力が出そうだと自分でも想像できます。


Reviews
-
| comments (4) | trackbacks (0) |

Comment

似合う色だけじゃなく素材感や柄まで!!う~ん奥が深い…。
「好き」と「似合う」の融合ってものすごくテーマが深いですよっ。

WEB自己診断やってみましたが、自分で自分のことは
さっぱりわからないですね(汗)
やっぱりプロに見てもらうべきですねー。
しかも早急に!
今もたぶん似合わない色とか気づかずに着てますよ、私(笑)
くみ | 2011/04/05 00:57
■ くみさん
自己診断は難しいですよね。目の色とか、普段意識したことないので、
相対的にどうなのか全くわからなくて。こうだといいなー、って
希望的観測に基づいて選んでしまうし。アリスはデジタル診断
(画像をメールで送って診てもらえる)もやっていて、ソーインガーさん
たちの利用レポがブログでちらほら出ています~。
診断を受ける前は診断されたら自分が限定されてしまうようなイメージ
だったけれど、実際にはこれまで気にしなかったことに挑戦しようと
いう気分になるので、広がりを感じています!
arun | 2011/04/05 20:39
こんにちは。
いつも楽しみに読ませていただいています。
私も一時帰国を利用して何年か前にアリスさんで見ていただきました。
今は苦手色のパレットも販売されているのですね~。
私も診断を受けてから、自分でなんとなく好きと思っていた色がやはり!となったり、着てみたいけれどどうもしっくりせずにクローゼットの中に置き去りになってしまっていたのは全く似合わない色だったり、迷いがなくなりすっきりしました。
もうすぐまた違う国に引っ越しなので、しばらく忘れていたパレットを取り出して荷物整理に励みたいと思います。
ちなみに私はトロピカルヘルシーでした♪
生活感のないリゾート系の派手色だそうです。柄については聞き損ってしまったので悔やまれます・・・。
minami | 2011/04/08 22:54
■ minamiさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
苦手色カラーカード、海外発送してもらえるのではないかしら。
デジタル診断が海外OKとなっていたので。あると中々に便利です。
『ベストカラー発見BOOK』によれば、トロピカルヘルシーにお勧め柄は
「ポップなフルーツプリントやサイケ調、グラフィカルな幾何学模様
など、個性的なもの」となっています。素材はツヤと光沢感のある
素材がよいそうです。
私はパッキング作業が大の苦手なので毎回泣きながらの徹夜作業です(笑)。
minamiさんもお引越しお気をつけて!
arun | 2011/04/09 09:55

Comment Form









Trackback

Trackback URL :