Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< ゴムカタン糸でシャーリング | TOP | ステッチ装飾 (ヘムステッチ/ピコット/巻きロック風レタスエッジ) >>

上送り押さえ (キルティングメイト/ウォーキングフット/送りジョーズ)

上送り押え 動き 図解上送り押さえというと、キルティング用、とうたわれていることが多いのですが、たまに「家庭用ニットソーイングにも有効」という情報を目にするので、半信半疑ながら購入してみました。結論から言うと、かなり有効です。一般的な押さえと異なり、針の上下(=下送り歯)と連動し、布を挟んだ状態で布送りをするので、キルティング以外でも縫いずれしやすい布(ニット、ダブルガーゼ、ベルベット、薄物)や貼りつきやすい布(ビニールクロス、皮革)等の縫いずれ、縫いじわ、を防止する効果があるようです。

上送り押えの例:


針、上送り押え、ミシンの送り歯、の動きは上図のようになっています。
動くGIFはこちら
針が上がると同時に布送りツメが下がり布を上下から挟みこむ
→ ミシンの送り歯と連動し布を(挟んだまま)先へ送る
→ 針が下がると同時に布送りツメがリリースされる(=布から離れ元位置に戻る)


ニットソーイングに使用し、すばらしい!と感動しましたが、難点(弱点?)もあります。
  • 使えるステッチが限られる:直線、ジグザグはOKですがボタンホール、ファスナーつけ、飾り縫いなどはNG

  • 針位置が限定される:ネジ棒にとりつけた作動レバーがぶつかるため右方向の移動幅が限られる

  • スピードが遅い:中速(60%程度)で、と推奨されています

  • 段差に弱い:ネジ棒下部の四角い送りツメが段差にひっかかることがあります

  • 作動音が大きい、取付が少々面倒、価格が他の押さえ類と比較すると高目、等


【参考URL】
■ オーチョーミシン:各メーカー上送り装置一覧
■ しもだミシン:ウォーキングフットの取り付け方、試し縫い動画
■ 楽天ショップ キルティングメイト
   ├ 手芸の山久キルティングメイト/ローシャンク家庭用
   ├ HAND WORK とりい洋裁用具/用品カテゴリ
   ├ ミシン王国ブラザー>パッチワークキルト用押え
   ├ ミシンのオズ送りジョーズ
   └ Az-net(アズネット手芸)

Sewing Tips
-
| comments (3) | trackbacks (0) |

Comment

私も半信半疑で購入してみましたが、
「さすが!技術屋!」と感動しました。
布を挟む点が送りジョーズしかできない能力ですよね。
その点が書かれているブログが少ないので、
arunさんの記事は迷っている方にはとても参考になるでしょうね。
でも、送りジョーズの動きを見ないとなかなかピンとはこないと思いますが、こればかりは説明が難しいから仕方ないですけど。(笑)

ちなみに、使用範囲が限られているというのが難点のようですが、
arunさんはそれだけ色んな事を試せる力量があるということですね。
すご~い!

私のような者は、重ねた布を同時に動かすだけの目的が、
「送りジョーズ」なのだと理解しており、
それでもあまり必要なかったです。(笑)
テフロン押さえで十分だったかなと。

ちなみに、枕カバーを作る時に毛羽のある綿素材の布を縫ったら、
毛ホコリがたち、あわてて基本押さえに変えました。
速度調整しないと擦れるのかぁ?とコツも必要のように思いました。
luna | 2012/12/29 21:49
■ lunaさん
こんにちは!コメントありがとうございます☆
私はガーゼやニットの縫製で愛用していました。
あまり厚みがあると挟む部分に負荷がかかりすぎて上手く
布送りができない気がします。
今使っているミシンとは相性がよくないみたいで、最近は
めっきり出番が減ってしまいました。
arun | 2012/12/30 17:00
コメ返、ありがとうございます。
刺繍じゃないけど模様のある綿素材には確かに厚みがありました。
ガーゼ生地には使えるのですね。
とても参考になります♪♪
luna | 2013/02/02 23:39

Comment Form









Trackback

Trackback URL :