Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< 北欧生地のカードケース for サンプルカラーカード | TOP | A0サイズPDFを出力してみました >>

大人サイズトルソー(ボディフォーム)

トルソー(ボディ)CM-T88長年にわたり購入を検討してきたトルソー、ようやく決心がつきました。洋裁用ボディ(文化やキイヤ)に憧れを残しつつ、今回は撮影メインに考え選びました。選択ポイントは以下のとおりです。


  • つくりが雑すぎない

  • まち針を打てる

  • パンツにも対応

  • 現実的体格



最終的に購入したのは こちら 。とても気に入っています。安価なトルソーは接着剤の臭いがきついとの噂もあり不安でしたが、購入したタイプはまったく大丈夫でした。布のはり方がきれいで、縫い目は脇のみですっきり見え、脚のデザインが素敵。薄いグレー杢のニット地が使われているところもかわいいです(色違いの黒バージョンもあります)。

画像、左上が届いた状態。ボディ、支柱、脚、にわかれていました。画像右上が説明書。組み立ては難しくなかったです。支柱をボディに差し込むとき力をいれすぎるとズボっと貫通するらしいので、そこは要注意。ボディはものすごく軽くて、支柱と脚はしっかり重みがあります。全体で5キロ弱なので持ち運びに支障はありません。

服を着せるとこんな感じ:

トルソー(ボディ)CM-T88

トルソー購入を後押ししてくれた マロンカーディガン を着せています。左端はハンガーにかけたところ。どんな服だかまったくわかりません。以前 コーラル を縫ったときもハンガー画像がどうにも上手く撮影できず残念な気持ちになったことを思い出し、マロンカーデと重ね着させてみました[画像右端]。

購入に踏み切れずにいた理由のひとつは「場所をとりそう」なところ。自分ひとり増えるのか、それは邪魔だ、と思っていたのですが、実際には床面積でいったら占拠するのはゴミ箱1つ分くらい、高さを低めにしておけば圧迫感もなく、壁際にひっそり置いたところ馴染んでいる気がします(少なくとも家庭内紛争勃発の要因にはなっていません)。

撮影時以外はミシン机の隣に置いているのですが、縫製途中に着せて様子を見たり、全体像を把握したり、何かと便利です。パーツが行方不明になることもなくなりました。裁断前の生地をまとわせてイメージを膨らませたり、実際着用するときのコーディネートを考えたり、と活躍しています。

期待に沿わなかったのはピン打ちに関して。あらためて商品説明を読んでみると「針を垂直に留めることができます」となっています。垂直…実用的ではないですよね。生地がニット地なのでピンの重さには耐えられないのです。やはりそうした用途には本格的な洋裁用ボディが必要なのでしょう。




 【トルソー解説 from web】



ヨーロピアンサイズ  スタンダードサイズ  キイヤ製 パンツ不可

Reviews
-
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :