Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< [大人アウター] ANNEE-PATTERN 70012 ボレロカーディガン | TOP | [自分服] ノーカラージャケット Nana アネパターン >>

[自分服] アテネ&ウィルマ たまねぎ工房

Athena アテネ たまねぎ工房 Tamanegi-Kobo
09AW-C01 Athena/アテネ(V衿ドレープカットソー) : たまねぎ工房
└ ウールガーゼニット (アトリエヨネザワ)
制作:2012年2月中旬

卒園が近づき、園まで出向く機会が急激に増えています。フォーマルとはいかないまでも少し気合を入れた格好で行かないといけない場面もあり、着る服がないー!と急遽縫った1枚です。

思い立つのがいつもギリギリなので今回も時間がありません。質感が助けてくれそうな素敵生地で難しくないパターンを縫うしか道はなく、生地は、微妙な深い色味の光沢がある薄手ウールニットをセレクト。パターンは、何度か縫ったことのあるウィルマを短めチュニック丈で、と、裁断しかけたのですが、ウィルマを着てでかけようとすると「それパジャマじゃないの?」とつっこむ娘の姿が脳裏をよぎり、モードなドレープが大人な雰囲気のアテネに決めました。

シャツの上に重ね着する予定なので大きめにつくろう、袖も太めにしないと、丈は長めが安心、となると裾は切り替えないとメリハリが・・・と、かなりいきあたりばったりなアレンジが入っています。


  • 11号を108%拡大

  • 脇のラインは合印から平行に下ろす(半身で裾+2cm)

  • 拡大によって長くなりすぎたと思われる袖を -3cm

  • 拡大によって長くなりすぎたと思われる丈はそのまま

  • 裾切替:できあがり高さ7cm、幅は身頃の90%



今回はシャツと重ねたので大きな問題もなく着用できました。1枚で着る場合はショルダースナップ必須と思います(肩が落ちてしまいます)。裾切替は、共布を使っているので心もとなさがあり、身頃と縫い合わせるときにウーリースピンテープをかませています。

ギャザーではなくタック、ドルマン袖、全面芯は前身頃見返しのみ、といったデザインのおかげで時短ソーイングだったのですが、なぜかタックをたたむところではまりました。ショップサンプルと見比べてもどこか違うような・・・最後の星止め指示も何が正解かわからず、自己流です。


Wilma ウィルマ たまねぎ工房 Tamanegi-Kobo
初回作のウィルマが洗濯の度に小さくなり、毛玉も育っていかんともしがたいので、2作目を縫いました(昨年秋)。ふわふわの軽いニットで、毛混ということですが洗濯機で普通に洗っても縮むこともなく、優秀な部屋着(時には外出着)として活躍しています。

10AW-C02 Wilma/ウィルマ (指穴プルオーバー)
毛混模様編みニット (アドヴァンスネット
制作:2011年11月上旬



Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :