Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< [自分服] カットソー、パンツ、コート たまねぎ工房 | TOP | [自分服] タックドタンク Sibyl シビル (Annee-Patterns) >>

[自分アウター] ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房

ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房
10AW-J03 Sophia ソフィア (たまねぎ工房
├ ウール & 水玉キュプラ [グレー] (長戸)
プラスチックスナップ φ21mm [半透明] (WINGS
├ ボタン [グレー] (熊谷
└ 芯地 バイリーン JP225
制作:2014年1月

今年こそはコートを縫う!と誓いながら春を迎える、の繰り返しが数年続きましたが、今シーズンは遂行しました。友人のソフィアが格好良くて、羽織らせてもらったときのことを思い出してはミシンに向かいました。

パターンは、 たまねぎ工房 (移転オープンおめでとうございます!)、 ソフィア(ドレープカラーコート)。パターン紙の大きさにひるみましたが、縫製自体は丁寧な仕様書のおかげで挫折せずに済みました。肩の縫い合わせには若干不安が残っています(縫い代まで縫わずに点で合わせるタイプはいつも不安になります)。

仕様書の「アレンジ」項を参考に着丈を+10cm。ボタンは プラスチックホック(スナップボタン) & 飾りボタン。スナップ仕様にしてしまったので、せっかくのドレープカラーを開けての着用がためらわれます。手縫いのボタンホールを練習しようかな・・・

日暮里トマトのノーション館で各種素材のリネンチケット(洗濯表示タグ)が10枚100円で販売されていたので、ウール用を入手、脇に挟みました。クリーニングに出すとき、何もタグがないと色々つっこまれて大変なのです。

ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房
表地は少し毛足のあるウール、裏地はグレー地xチャコールグレードットのキュプラ。何も考えずにアイロンをぐいぐい当てていたら毛並みが悪くなって(すべすべ→がっさがさ)しまったので、そういえばこういうときに使えるアイロングッズを持っていたはず・・・と アタリカット を使用したところ毛並みそのままでぱきっとプレスを効かせることができました。

芯地はバイリーンの JP225 。不織布芯地。オフィシャルな説明によれば「ソフトでやや厚み(ボリューム)感がある風合い/適度な融通性/なじみが良い」とのこと。ダブルドット樹脂なので、接着しやすかったです。また、不織布なので取り回しやすく、巨大かつ変形の前身頃芯貼りもこの芯のおかげで乗り越えられました。

 

  • アイロンはデロンギの 6299/2N 、アイロン台はバキューム機能のある ベビープレッサー807型 を使用しています。

  • デロンギのアイロンは2011年いっぱいで販売終了していましたが、昨年より アリエテ(Ariete アリエッテ アリート) から 新型 EL-6299/2N が発売中です。

  • 6299/2N ボイラー内蔵型・パワースチームアイロン 解説サイト →

  • ベビープレッサーは静音ファンに改良されたモデルもあります → 807S型


 
アリエッテ スチームアイロン EL-6299/2N   ベビープレッサー 807S型   プラスチックスナップ φ21mm

 


Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :