Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< "warabi" tunic from waffle patterns [arranged] | TOP |

[自分服] ブラウス2種x2点

夏の終わりに縫ったブラウス4点。 Aviver の バタフライブラウス と Waffle Patterns の Monaca (ドレープシャツ・モナカ) です。いずれもポリエステルシフォン系生地を使用。


aviver バタフライブラウス

バタフライブラウスは、シンプルなデザインなので主張の強い柄との相性がよく、また、仕立てやすい仕様なので、薄手すぎて縫うのが怖かったシフォン生地を形にすることができました。軽く、涼しく、しわにならず、早乾なブラウスができ、満足です。どちらもトリコット裏地を採用しています。袖口は巻きロック。


aviver バタフライブラウス 近影

左は袖をめくったところ。割とコンパクトなアームホール。右は生地の透け感を撮ってみました。明るい印象にしたかったので裏地を白にしたのですが、見返し部分との差が目立ちすぎかも。



waffle patterns monaca

こちらは7分袖のゆったりシルエットシャツ。先に無地を縫い、もう少し前裾が長くてもいいかな、と、プリントの方は仕上がりが+5cmになるように裁断しましたが、伸ばしすぎた感あり。軽快さに欠けるような。次回は延長するにしても2㎝くらいにとどめること。

前身頃が折り返しのデザインになっていて、うわー面白い、折り紙みたい、縫ってみたい、と手を出したパターンですが、このデザインのおかげで、表裏両面が使える生地を用意しなければならないのが結構ネックでした。プリントで両面使えるというとかなり薄手になるので、そんな生地で台衿!?無理でしょ!と思いながら縫いました。なんとか着られるものができてよかったです。

かぶりでさっと着用できて、着心地が楽で、でも襟やカフスやドレープのおかげできちんと感があるブラウスは、便利です。無地でもう1着欲しいのですが、表裏OKで落ち感がありつつ縫いやすい生地探しに難航中です。



Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :