Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ
<< [小物] 移動ポケット、カエル | TOP | [小物] ラミーリネンのキッチンクロス(ヘムステッチ) >>

[寝具] 布団カバー、掛け布団リメイク

デュベカバー
■ 掛け布団カバー『Fab (2007年1月予約)』
│ (Check&Stripe
├ 大人用:ストライプシャツコール&無地ブロード
│ 子供用:ピンクチェック起毛コットン&花柄ポプリン
├ スナップ(Lovable
│   [小枝/オフ,マリア/ピンク,ピンクターコイズ]
│ コットンテープ (小林商事
│ 綾テープタグ [ひつじ] (Pres-de
└ 制作:2007年5月下旬

日に日に寒くなる南米。冬支度をしないと家族全員風邪をひいてしまう、ということで、必要に迫られ布団カバーをつくりました。こちらで購入した寝具は、素材も作りも満足できるものはなく、せめてカバーを綿100%にすることで快適化しようという作戦です。
カバーは基本的にポリ混、こども用にいたっては不織布(紙っぽい)。少しでも暖かいものを、と、羽根布団にしたところ縫製が甘くあちこちから羽根が出てくる始末。しかも硬い羽軸付なので不用意にゴロンゴロンすると刺さります。調べてみると(日本では?)掛け布団には使わない部分だとか・・・ですよね、だって、本当に危険なのです。
おまけに新しく購入した掛け布団、ひろげてみると裏側がスゴイ色(情熱の赤!?)でした。早くカバーを作らなくては、とモチベーションがあがったのでいいのか悪いのか・・・

布団のサイズを測ってから近所の実店舗で生地を購入。こちらでは基本が幅広(布帛は150cm、ニットは160~180cm)なので大物を作るときは助かります。子供用は以前首都の問屋街で購入したピンク系のコットン生地をつかいました。子供用の布団はいいものが見つからなかったので、大人用夏掛けを半分にし(端はロックでかがっただけの手抜きです)コットンテープを縫いつけ(夏は1枚、冬は2枚重ねて)厚さ調整可能にしました。掛け布団カバーには同デザインの色違い(茶、グレー、赤)タグをそれぞれにつけました。「良い眠りを」の願いを込めて「ひつじ」柄です。

パターンは、CHECK&STRIPEの予約注文についてくるフリーペーパー『Fab』を参考にしました。ファスナーなどは使わず、足元の端をボタンで留めるデザインです。ボタン&ボタンホールより外れにくいかと思いスナップにしましたが、娘が面白がってひっぱるので生地がやぶれないか少し心配です。
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

Comment

Comment Form









Trackback

Trackback URL :