Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ

[マフラー&スカーフ] チョコツイル/ラッチパイル/リバティコーデュロイ

リバーシブルマフラー [長さ色々](パターンなし)
リバーシブルチョコツイル [チョコ] (Check&Stripe
NIMESラッチパイル [ブルー] (Check&Stripe
├ Liberty Kingly cord [EDENHAM-2007AW] (eBay UK)
└ タグ [ゾウ、ハリネズミ、イニシャル] (Check&Stripe 実店舗)
制作:2008年5月下旬~6月上旬

マフラー色々急に寒くなってのどを痛めることが多くなり、家事の邪魔にならない小さめのマフラー(スカーフ)を、ざぶざぶ洗えるコットン生地でつくりました。娘や友人の分も。

チョコ色の方はチェックの大きさが異なる生地が合わさったリバーシブル。表裏どちらのチェックも楽しめるよう1枚仕立てにしました。生地端をそのままでフリンジ風に。長辺の端処理は 『CHECK&STRIPE STANDARD』 を参考にしました(書籍紹介エントリはこちら)。表裏を接結している糸を切り、端を中に折り込み、上からミシンでステッチしています。子供には丁度よい長さですが、大人にはマフラーとしてはものたりないのでスカーフがわりに巻いています。
 ■ できあがりサイズ: キッズ=116×11cm 大人用=116×18cm

花柄の方はラッチパイルのブルーとリバティのキングリーコード(シャツコール/ソフトコール/細畝コーデュロイ/babycord)でリバーシブルに。ラッチパイルもふかふかですが、リバティのコールテンもすべすべでやわらかい肌ざわりでした。
 ■ できあがりサイズ: 90×15cm
 ■ トランテアン輸入コーデュロイページに生地説明あり
 ■ ラッチパイルについてはベビー服エントリに記述あり

このコーデュロイ、秋冬向け娘服に、と思っていたのですが、 MAKIEベビーパンツに、 (柄は違いますがリバティコールが)EPONIMEビブ(スタイ)になっているのを発見し、ベビーものもアリなのか!と・・・そしてラベンハムでレディスのキルティングジャケットになっているのを発見し、自分服もアリなのか!と・・・(笑)。数か月以内に形にしたいのですが布を見るたび悩みます。
生地はUKのeBay(オークション)で購入しました。Best Offer という、落札者側が「この値段なら購入する」という金額を出品者に提示できる制度があり、活用しました。英国→南米を船便でお願いしたのですが10日で到着。航空便として届いたようです。イギリスからの船便ではよくあることだとか。素晴らしい(笑)。英国リバティなので生地幅がたっぷり目なのも嬉しかったです。
■ eBay.co.uk > Fabric > Search results [Liberty]
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[ドッグウエア] 前あき襟なし&ハイネックTシャツ

ドッグウエア
ドッグウエア [中型犬服]
├ ベアテン [黄緑] (COSMO
├ リブ [オフ×ベージュ] (PUKU
├ 裏起毛ニット [深緑] (実店舗)
└ ニットバイアス (リリアン
制作:2008年4月中旬~5月下旬

Mちゃんは短毛種のワンちゃん。冬を迎えて寒い日には震えている、と聞き、ドッグウエアを縫いました。初めての試みです。まったく手がかりがないのでネット検索し、クロバーが公開している無料型紙をダウンロード、複数サイズ記載されているものの基本的に小型犬用らしいので、Mちゃん(柴犬くらい?)を思いうかべながらサイズ変更。伸びるベアテンで縫製しました。胸元がパツパツだったので、伸びのよいリブ生地でリベンジ。でも伸びすぎだったようで大きめな仕上がり。飼い主である友人に採寸してもらってサイズ微調整後、再リベンジ(ダークグリーンの裏起毛)。襟がきつそうです。縫製は子供のラグランTシャツのような感じでさくさくこなせたのですが、パターン調整や生地選びが難しいと!とドッグウエアのシビアさを学びました。

【ドッグウエア参考URL】

クロバー > 手づくりの広場手作り子犬服デニムのベスト
└ 今回参考にしたパターン(PDFファイル)/つくり方や補正方法なども説明あり

フジックス > そーいんぐ.COMかんたんソーイングレシピ
└ ベスト、バスローブ、トルソー、キャリングバッグ、等のレシピ公開

ちんたらした暮らし犬用Tシャツの作り方
└ 採寸、型紙作成、縫製、まで、丁寧な解説ページ

うめごよみイタグレTシャツ型紙
└イタリアングレーハウンド用Tシャツパターン(PDFファイル)

Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (2) | trackbacks (0) |

[小物] シュシュ(ヘアアクセサリ)

シュシュ
制作:2008年2月中旬~4月下旬

ハギレの有効活用にシュシュなんていいな、と思っていたところ、タイミングよくおともだちのブログでハンドメイドシュシュについての記事を見かけたので、つくってみました。(←今年2月のことです…)

輪の状態の生地を中縫いする方法が面白くて楽しくミシンを踏んだのですが、できあがってみるとふんわり感やクシュっと感が足りないような。生地の種類や量(長さ)の問題かな、と思いつつ、ほどなく髪を切ってしまったのでそのままになっていました。

が、どうにも気になったので先日手を加えてみました。
画像手前のリバティプリント(Cordeliaのブルー)、両端にコバステッチ、中央にゴム通し用のステッチが入っています。

普通の平ゴムでヘアアクセサリがつくれるというのは、いいですね。ヘアバンドなどもつくってみたくて無料パターンを探したこともあるのですが、中々具現化しません。編むタイプのシュシュもかわいいなー、とも、思いつつ。

【シュシュのつくりかた 参考URL】
■ BBZebraさん の 写真付き解説
■ 作り方ポータル アトリエ 内
シンプルバージョン
縁取りバージョン
編み編みバージョン
■ 毛糸パピー の 編むシュシュ
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[マスク] ダブルガーゼマスク (シンプル&立体)作り方

ガーゼマスク
ガーゼマスク / 立体マスク
├ ダブルガーゼ
│ (CRAFT PUKU/red beans/ラ・フィーユ
抗菌マスクゴムAZ-NET
制作:2008年4月中旬

野焼から始まった火災の影響で何日間もにわたり街中に煙が充満・・・という事件(?)があり、そのときにマスクをつくりました。子供用はシンプルに3つ折りタイプ、大人用は立体マスクです。ゴムは日本で購入した抗菌のマスクゴム。これまではウーリースピンテープで代用していたのですが、伸びやすく耐久性に不安がありました。かといって平ゴムではあたりが強く・・・マスク専用のゴム、使い心地もよく、用意しておいてよかったです。


幼児用、大人用、と、それぞれできあがりサイズを想定し、逆算して裁断しました。
【2009.5.18.追記】 洗濯を繰り返すと縮むので次回婦人用をつくるときにはもう少し横長にしてみようと思っています。

園児用(シンプル) :仕上がり 11 × 7 (裁断 16×32 を1枚) ゴム21cm
小児用(シンプル) :仕上がり 12 × 8 (裁断 18×36 を1枚)
婦人用(立体マスク):仕上がり 14 × 9 (裁断 17×30 を2枚) ゴム26cm
紳士用(立体マスク):仕上がり 17 ×10 (裁断 20×33 を2枚)


マスクゴム検索結果マスクキット検索結果30cm×1m
抗菌マスクゴムマスクキット滅菌ガーゼ


【参考レシピ】
シンプルマスクの作り方*手作りマスク*レシピ BY アイ・リボン・テラキ
立体マスク : 「おしゃれ工房」2007年3月号 オーガニックコットンで帽子とマスク(木村恵美)
└ TVで見た内容を参考にしました。書面でどのように紹介されているか未確認です。
■その他立体マスク
立体ガーゼマスクの作り方 FROM のんびり主婦のお気楽な一日
無料配信パターン 立体♪布マスク FROM ほっこり手仕事
立体マスクの作り方とパターンの無料配布 FROM みどりのしろ 【2009.5.公開】
Sewing Projects > Others
Sewing Projects, Mini Recipes
| comments (6) | trackbacks (0) |

[インテリア?] カーテン、椅子、おかたづけ用袋物&バッグ

引越関連
(どれもパターンなしのぶっつけ本番ソーイングです)
■ カーテン : 近所のインテリアファブリック店
■ いす : ラップの芯、空箱、紺地にゾウ[くろすろ~ど(cosmo textile)](Yahooオークション)
■ 収納関係 : コットン[ペールグリーンギンガム](新宿岡田屋アウトレット)、アクリルスパンレース(conoca)、木のボタン(近所の実店舗)
■ バッグ : 麻デニム[カーキ](RickRack)、シャツコール[赤地小花](OutletFabrics)、ミッフィー(母在庫)、両面接着キルト綿AZ-NET
制作:2007年12月~2008年2月

年末の引越にあわせてつくったものをまとめて記録します。

こちらの家では一般的に窓の外にはシャッターが装備されているのでカーテンに頼らなくとも調光可能です。でも窓を開けた時など素通しなのもどうかと思い、薄手のカーテンを縫いました。普段利用している服地屋さんと品揃えが異なるインテリアファブリック専門店を巡り生地を探したのですが、楽しかったです♪ 幅が3m近くあったりして迫力満点。しばらくインテリアファブリックにハマってネットでもショップ巡りをしていました。機会があればファブリックパネルなどもつくってみたいです。

娘のおままごと関係をすっきり片付けるための袋類はギンガムチェックで統一。道具類は巾着袋、食材類はマジックテープ仕様で、の予定でしたが娘がボタンを3つ付ける!と譲らず、そんな開閉が面倒な袋って・・・と思いながらも要望に答えました。結構集中して(時間をかけて)ボタンとの格闘を楽しんでいるようなのでよかったです。

出番の多いパーティーセットには専用バッグを。麻デニム+キルト芯+シャツコールのしっかり仕立てです。底と本体とそれぞれを「中縫い→表にかえしてコバステッチ」し、縫代が表に出るように縫い合わせたので、よりしっかり仕上がりました。後日「コンテナバッグ」の名で無料レシピを発見、もっと早く見つけていたら!・・・キルト芯の入ったしっかりバッグ、質感が気に入ったので別サイズでリベンジ計画中です。

アップリケしたミッフィーは前回帰省時に母の在庫から失敬してきた30年位前のビンテージプリント(笑)。自分が子供の頃この生地でつくられたバッグを使っていたこと、うっすら記憶に残っています。

引越後、ひそかに悩んでいるのがソーイング成果物の撮影場所です。前の家は壁がライトグレーに塗られた部屋が一つあり、窓からの自然光も白いカーテンを通じていい感じに入り、写真撮影に最適だったのです。新居は壁が真白な上、窓ガラスが透明ではなく、入ってくる光がイエローがかっているのです。ああ、色再現が難しい・・・
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[小物] ポーチ (Peachmade こどもポシェット アレンジ)

麻デニムポーチ
こどもポシェットPeachmade
│  無料配信パターンよりアレンジ
├ 麻デニム[ベージュストライプ] (RickRack
│ USコットン"What's up, doc?"
│  (OutletFabrics
├ チロルテープ [はち] (いただきもの)
│ ファスナー [20cm] (100円ショップ)
└ 制作:2008年2月上旬

急遽主人用の小さな小物入れが必要となり、つい先日公開が開始された Peachmade の無料ダウンロードパターン「こどもポシェット」に少し手を加えてつくりました。

「こどもポシェット(L)」の高さを-3cm横幅を+4cm、タブをひとつに、縫い代はパイピング処理ではなくロック始末で。キルト芯は挟まず、表布/裏布の両方に薄手の接着芯を貼りました。タブ位置とファスナーの開き方向は、画像左下のようにタブを持ってファスナーを(利き手で)開けることを想定して決めました。

ショップのページにもあるように、このポーチ(ポシェット)はファスナー位置がポイントになっていると思います。上部ではなく少し下がったところにあるほうが開けやすいのは子供だけではないように思います(前回のポーチと比べてもこちらの方が開閉しやすいです)。また、ファスナーがこの位置にあることで、縫製が本当に簡単でした。次回は娘用にちゃんと「ポシェット」をつくろうと思います。
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[小物] ドルチェマット/エコバッグ/ばねポーチ

マット、バネポーチ、エコバッグ
■ ドルチェマット
└ 綿麻サックスギンガム/花柄(Check&Stripe
■ ポケッタブルエコバッグ (RM1501)無料型紙
├ 綿ブロード [ブラックウォッチ] (peu connu
└ タグ [リス] (Check&Stripe
■ ばねポーチ(AtelierRIKO)「チビころ」を参考
├ タナローン [Cordelia] (Liberty London)
├ 無地コットン [レッド/ブルー] (近所の実店舗)
バネ口金 [AG:1.5×12cm] (AZ-NET
キルト綿 [バイリーン・アウルスママ・両面接着] (AZ-NET
制作時期:2007年10月中旬~11月上旬

日本に帰省していたこともあって約3か月間ミシンを踏んでいませんでしたが、まずは家庭用ミシンで縫えるもので少しずつミシン生活復帰です。

キッチンクロスをつくったときにコメントをいただいてからやってみたかった額縁処理でドルチェマットを(Thanks Nさん♪)。28cm×24cm(縁幅4cm)、こどものおやつには十分な大きさです。綿麻ギンガムには全面に接着芯を、表/裏布は両面接着芯「くもの巣」で貼り合わせました。裁断、しるしつけ、アイロンがけ、に時間がとられた割に縫う距離は短くミシンのリハビリとしては物足りなさがありましたが、日本で購入した頭がガラスの待針バイアスライン入りの方眼定規先の丸い目打が活躍してくれ、嬉しかったです。いい道具って楽だし使っていて気持ちがいいです。

日々の買い物、ビニール袋に強度がないからか持ち手がちぎれたり穴からコロコロ・・・ということもしばしば。なので自分用買い物バッグをつくりました。前回つくったレジ袋型エコバッグより容量があり、持ち手を10cmのばすことで無理なく肩掛けでき、使い勝手のよいものができました(紹介ページに使用例やたたみ方の画像が掲載されています)。上部に見返しがつき、総裏ではないのでかなりコンパクトにたためます。
生地は、peu connu のおまかせセットに入っていたブラックウォッチ。厚みがないのにしっかりしていて、エコバッグに最適でした。セットに入っていた他の生地はこんな感じ(用途が浮かばなかったジャガード2点は実家に置いてきたので画像に含まれていません)。現在販売中のセットはおまかせではなく希望を聞いてくれるようです。

娘の2歳の誕生祝いに蔵書印をつくったのですが、ケースがなかったのでばねポーチで。お揃いでその他のハンコ用も。参考にしたのはAtelierRIKOさんのチビころバネポーチ(自立タイプのCとD)。キルトをはさんだのでさらにコロっと仕上がりました。詳細画像はこちらから。柄に上下の方向性があったので底に切り替えをいれました。無地布は漂白して微妙な色合いにしたつもりなのですが、画像で見るとまっか!まっさお!ですね。口金、高さが1.5cmあるタイプなのですが、けっこうしっかりしていました。子供が片手ではあけられないバネの強さがあります。10個セットを購入したのでまだまだつくれますが、バネポーチって、本来はどういう用途に使うものなのでしょう・・・
はぎれでおままごと用コースターをつくりました。キルト芯を挟んだまんまるのリバーシブル、それだけなのですが、苦戦しました。こんな私がクリスマスまでにお人形キットフエルトバーガーセットを完成させること、できるのか、かなり不安です。

【参考URL】
額縁始末(WEB): Sewing Garden (Linnet)
額縁始末(書籍): ゼロからはじめるミシン生活 (しかのるーむ)
ばねポーチ:Bee Houseさんにもレシピありました。幼稚園グッズやテディベアも。
蔵書印:ハンコと篆刻印鑑・印ターネット
おままごとセット:ミッフィー 木のおままごとセット 検索結果へのリンクはこちら
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[小物] ラミーリネンのキッチンクロス(ヘムステッチ)

リネンクロス
麻100%スラブクロス (jack&bean
 └ 初夏~夏物はぎれパックより
バイアステープ [ミント&ブルー] (polka drops
MOCOグラデーションカラー [801] (AZ-NET
制作:2007年7月上旬
いつもお世話になっている方のお誕生日が近いと知り、何か日常的に使っていただけるものを、と、キッチンクロスをつくりました。使用したのはタイミングよく日本から届いたjack&beanさんのはぎれパックにはいっていた真っ白くてなめらかな麻のスラブクロスです。

思い立ったはいいけれど、クロスの一般的な大きさや、タグ/刺繍などの装飾方法がわかりません。インターネットで調べる中、布端にハシゴレースのような模様が施されているクロスを発見。そうそうリネンってこういうイメージ!なになに、ヘムステッチ?ドロンワーク?手でステッチできるの?・・・少々興奮状態のままさらに検索を続けて、図解サイトにたどり着きました。イタリアの手芸雑誌MANI DI FATAのステッチ解説コーナーです。

ドロンワークというのは、布の織糸を抜き、残った糸をかがることで透かし模様をつくる手仕事。今回刺してみたヘムステッチは生地の裏側から左→右に向かってかがっています。刺繍には苦手意識のある私でも簡単に楽しく刺せました。明るくかわいらしい雰囲気にしたかったので、グラデーションカラーのステッチ糸を使いました(多分邪道だと思います)。さらに小花柄のバイアステープを布端やフック(ループ)にあしらってみました。大きい方の端処理は三つ折り+ジグザグミシン(絞ったときの糸切れ防止に)、小さい方は2枚を中表で合わせ周囲を縫ってから表にかえし端をステッチしています。
小: 25×24cm LADDER HEMSTITCH (両ヘムステッチ)
大: 26×46cm TRELLIS STITCH (山路かがり)

機関銃のように戦闘態勢でロックミシンを踏むニットソーイング(笑)もストレス解消にいいのですが、針と糸だけで心静かにちくちく・・・というのもなかなか素敵な時間でした。jack&beanさんのはぎれパックには赤耳リネンも入っていたので、ヘムステッチ、また挑戦してみます。

【購入したステッチ糸】
 ~(次回は強度や生地への馴染みを考慮してリネン100%の糸を使おうと思います)
MOCOグラデーションカラー:ポリエステル100%、約10m
  └ 定価158円(AZ-NETで126円)、色番号801&813
リネン糸(カード巻)/細:アイリッシュリネン100%、約10m
  └ 定価315円(AZ-NETで252円)、白&赤
DMCリネン刺繍糸:リネン100%、約8m
  └ 定価189円(AZ-NETクロスステッチ館で151円)、色番号-760/3012/778

【ドロンワークやヘムステッチの書籍リンク】
ドヰ手芸さんの海外本紹介:図案集事典・その他
■ 『1000のステッチ』(板垣文恵 著、雄鶏社)
■ 『大塚あや子の白糸刺しゅう』(日本放送出版協会 )
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[ミニレシピ] ドライキャップ(かぼちゃタオル)

タオルキャップ
■ タオルキャップ/ドライキャップ/かぼちゃタオル
├ パウダードロップのタオルセットより(RickRack)
└ 制作:2007年7月上旬、着用:2歳(89cm/13kg)~

タオルセットが届いたときからつくろうと思っていたドライキャップ、娘の髪が伸びてきたので、やっと着手しました。パイル地は薄手だったので今回2重仕立てにしましたが厚みが出ずすっきりしています。生地幅などを有効に使おうと決めたサイズなので、仕上がってみるとかなりピッタリ。軽くてコンパクトなのはいいのですが、もう少し大きくつくった方がかぼちゃっぽいシルエットが出ると思います。
タオルキャップ つくりかた
今回つくった方法を図にまとめました。
(1)生地サイズは27x59cm、長辺の片方が生地端でタオルの耳のような加工済。
(2)長辺を半分に折る。中表。
(3)端から約1cmのところを縫って輪にする。途中ゴム通し口を残す。
(4)上から12cm、下(耳部分)から2cmのところで外表に折る。
(5)断面(?)図。上から1cm、そこからさらに2cm、下から1.5cmにステッチ。
(6)ゴム通し口からゴムを入れて、できあがり。
Mini Recipes
Sewing Projects, Sewing Projects > Others
| comments (0) | trackbacks (0) |

[寝具] 布団カバー、掛け布団リメイク

デュベカバー
■ 掛け布団カバー『Fab (2007年1月予約)』
│ (Check&Stripe
├ 大人用:ストライプシャツコール&無地ブロード
│ 子供用:ピンクチェック起毛コットン&花柄ポプリン
├ スナップ(Lovable
│   [小枝/オフ,マリア/ピンク,ピンクターコイズ]
│ コットンテープ (小林商事
│ 綾テープタグ [ひつじ] (Pres-de
└ 制作:2007年5月下旬

日に日に寒くなる南米。冬支度をしないと家族全員風邪をひいてしまう、ということで、必要に迫られ布団カバーをつくりました。こちらで購入した寝具は、素材も作りも満足できるものはなく、せめてカバーを綿100%にすることで快適化しようという作戦です。
カバーは基本的にポリ混、こども用にいたっては不織布(紙っぽい)。少しでも暖かいものを、と、羽根布団にしたところ縫製が甘くあちこちから羽根が出てくる始末。しかも硬い羽軸付なので不用意にゴロンゴロンすると刺さります。調べてみると(日本では?)掛け布団には使わない部分だとか・・・ですよね、だって、本当に危険なのです。
おまけに新しく購入した掛け布団、ひろげてみると裏側がスゴイ色(情熱の赤!?)でした。早くカバーを作らなくては、とモチベーションがあがったのでいいのか悪いのか・・・

布団のサイズを測ってから近所の実店舗で生地を購入。こちらでは基本が幅広(布帛は150cm、ニットは160~180cm)なので大物を作るときは助かります。子供用は以前首都の問屋街で購入したピンク系のコットン生地をつかいました。子供用の布団はいいものが見つからなかったので、大人用夏掛けを半分にし(端はロックでかがっただけの手抜きです)コットンテープを縫いつけ(夏は1枚、冬は2枚重ねて)厚さ調整可能にしました。掛け布団カバーには同デザインの色違い(茶、グレー、赤)タグをそれぞれにつけました。「良い眠りを」の願いを込めて「ひつじ」柄です。

パターンは、CHECK&STRIPEの予約注文についてくるフリーペーパー『Fab』を参考にしました。ファスナーなどは使わず、足元の端をボタンで留めるデザインです。ボタン&ボタンホールより外れにくいかと思いスナップにしましたが、娘が面白がってひっぱるので生地がやぶれないか少し心配です。
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[小物] 移動ポケット、カエル

ティッシュケース、カエル
■ 移動ポケット(polka drops blog
├ ダンガリー (魔法の布屋
├ アップリケ [てんとうむし] (une nana cool
│ バイアステープ [Liberty Capel] (polka drops
└ 制作:2007年5月上旬
■ カエル(自作)
├ カシミヤ混ミニミニ裏毛 [ピーコックブルー] (Check&Stripe
│   ベーシックお子様用セットより
├ プラスチックアイ [マット/15mm/Dブラウン] (Az-net
└ 制作:2007年5月下旬

少しスランプ(?)っぽい時期があり、小物などを作って気分転換していました。

移動ポケット(ポケットティッシュケース)は男の子とママにお揃いで。男の子用はてんとうむしのアップリケをつけて。ママ用はポケット口をリバティのバイアステープでくるみました。彼女のイメージにぴったりな色柄だったので、迷わずコレ!と思いました。このダンガリーはやや光沢があってパリっと張りもありステッチがかけやすかったです。

こちら南米でも衛星放送に加入しているとNHKが視聴できるので、日本の子供番組も見ています。「いないいないばぁっ!」の5月の歌は「ジャンプ」がテーマでした。導入部でカエル、ウサギ、カンガルーがジャンプするのですが、娘はこの歌が流れるたび自分のぬいぐるみコレクションにカエルが不在であることを憂うので、作りました。カエル。パターンはフリーハンドでコピー用紙に書いたもの。吸盤や水かきの再現は難しそうなので簡略化したかたちの手足にしました。足は胴体に挟みこんであります。手は肩部分をボタンでとめているので可動です。目はぬいぐるみ用のプラスチックアイ。大きさが輪郭とやや不釣合いでギョロ目ぎみですが、そこがカエルっぽいといえなくもないです。
生地はCHECK&STRIPEの「お子様セット」に入っていたミニミニ裏毛のハギレ。ターコイズというのか、ピーコックブルーというのか、微妙な(でもきれいな)青緑色のニット。ハギレというよりむしろこのカエルがメインで残りを服に使ったというか、それくらいこのぬいぐるみはこの生地あってのもの、な気がします。肌触りがよいところも気に入っています。よく伸びて薄手なのでパンパンに綿を入れると綿が透けてきてしまい、その加減が難しかったです(詰め込み加減で全体の雰囲気も全然違ってくるし)。
結局カエルができあがったのは5月も終わる頃でしたが、その後ジャンプの歌が流れるたび右手にカエル、左手にウサギを持ち、お腹(ハラマキやボトムのウェスト部分)にカンガルーを挟み込んで一緒に飛び上がっていました。おでかけにも連れてでることがあるので、まぁ、気に入ってもらえたのだと思います。
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[小物] ポーチ、スモールバッグ、エコバッグ、ティッシュケース

ポーチ、バッグ、母の日
■ ポーチ from 『ゼロからはじめるミシン生活』
■ スモールバッグ from 『小さくてもきちんとした服』
├ ダンガリー(魔法の布屋
├ USコットン"What's up, doc?"(OutletFabrics
├ 紺地にゾウ[くろすろ~ど(cosmo textile)](オークション)
└ 制作:2007年3月下旬
■ エコバッグ (Boo's Shop) 無料パターン
├ コットン [チェック][白xピンク](実店舗)
│ 裏地用ポリエステル [こげ茶](実店舗)
├ りすと木の実のタグセット(Check&Stripe
│ タグテープセット(Pres-de
└ 制作:2007年4月下旬
■ 移動ポケット (polka drops blog) 無料パターン
├ シャツコール [深緑系花柄](実店舗)
│ 裏地用ポリエステル [こげ茶](実店舗)
└ 制作:2007年4月下旬

小物はつくる機会も少なく苦手分野ですが、必要に迫られてポーチを。参考にしたのは『ゼロからはじめるミシン生活』のポシェット。高さを6cm減らし、マチを1cm広げて。自分のものをつくってくれていると期待の目で娘が見るので、ポーチと同じ表地に、トロピカルなゾウ柄を裏地に合わせ、シンプルなスモールバッグもつくりました。リバーシブルです。「ついで」でつくったものですが、娘にはウケがよく、この日以来散歩と聞けばこのバッグを手に玄関で待機しています。中にはポケットティッシュとクッキーとパックのジュースくらいは入ります。裁断時には持ち手が細すぎないかと思いましたが、子どもの手には丁度いいようです。
『ゼロからはじめるミシン生活』の続編で『子どもの服と雑貨づくり 』という本が2006年9月に発行されています。服(サイズ100~120)が中心ですが、通園セットや雨の日セットなどの小物も収録されています。しかのる~むさんの著書なのでイラスト図解中心で実物大型紙は付属していません。ネットで小物関係の無料型紙など探すことができますが、手元に印刷物として1冊あるとそれはそれで便利です。

ふと思い立ち、母の日プレゼント用にエコバッグとティッシュケースをつくりました。お土産的要素もあるので、生地はこちらの実店舗で購入したものを使用。パターンはネット上で公開されている無料のものを参考にしました。

エコバッグは、レジ袋タイプ(裏布ありの2枚仕立て)。内側に定期入れや鍵等が入るサイズのポケットを、バッグ口にはスナップでとめられるタブを追加しました。表側のポイントに Pres-de の綾テープタグを。フランス語で「おんなのこ」「いつまでも私のかわいいおちびちゃんでいてね」といった意味の言葉が入っているそうです。母の日のプレゼントにぴったり?です。余った生地で娘に小さいエコバッグを作りました。タグも表地も彼女(孫)が選び、バッグ自体孫とお揃い、という付加価値付きのプレゼントになりました。

ポケットティッシュケースは polka drops さんのブログで公開されている移動ポケットを参考にしました。ひとつは裏側から角を少し縫ってマチ付きにしました。ティッシュを入れてみると、このほんの少しのマチのおかげで全体がすっきりして見えました。
ポケットティッシュケースの作り方は、検索してみると本当に色々なパターンが紹介されていて、どのタイプで作ろうか迷いました。今回の選択ポイントは「布端が口にくる」ことです。三つ折にすれば丈夫に仕上がるし、バイアステープでくるめばデザインのポイントにもなりそうです。裏布がない(ティッシュを入れる部分が一重=表生地の裏)のでその分軽くてコンパクトでもあります。
Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |