Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ

[自分服] ブラウス2種x2点

夏の終わりに縫ったブラウス4点。 Aviver の バタフライブラウス と Waffle Patterns の Monaca (ドレープシャツ・モナカ) です。いずれもポリエステルシフォン系生地を使用。


aviver バタフライブラウス

バタフライブラウスは、シンプルなデザインなので主張の強い柄との相性がよく、また、仕立てやすい仕様なので、薄手すぎて縫うのが怖かったシフォン生地を形にすることができました。軽く、涼しく、しわにならず、早乾なブラウスができ、満足です。どちらもトリコット裏地を採用しています。袖口は巻きロック。


aviver バタフライブラウス 近影

左は袖をめくったところ。割とコンパクトなアームホール。右は生地の透け感を撮ってみました。明るい印象にしたかったので裏地を白にしたのですが、見返し部分との差が目立ちすぎかも。



waffle patterns monaca

こちらは7分袖のゆったりシルエットシャツ。先に無地を縫い、もう少し前裾が長くてもいいかな、と、プリントの方は仕上がりが+5cmになるように裁断しましたが、伸ばしすぎた感あり。軽快さに欠けるような。次回は延長するにしても2㎝くらいにとどめること。

前身頃が折り返しのデザインになっていて、うわー面白い、折り紙みたい、縫ってみたい、と手を出したパターンですが、このデザインのおかげで、表裏両面が使える生地を用意しなければならないのが結構ネックでした。プリントで両面使えるというとかなり薄手になるので、そんな生地で台衿!?無理でしょ!と思いながら縫いました。なんとか着られるものができてよかったです。

かぶりでさっと着用できて、着心地が楽で、でも襟やカフスやドレープのおかげできちんと感があるブラウスは、便利です。無地でもう1着欲しいのですが、表裏OKで落ち感がありつつ縫いやすい生地探しに難航中です。



Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

"warabi" tunic from waffle patterns [arranged]

This project is my challenge on Pattern Hacking Sewalong Contest in Sewing Indie Month.

The original pattern is Kimono sleeve tunic -Warabi- from Waffle Patterns.
warabi from waffle patterns
I have pattern hacked this to jersey dress. Fabric I used is linen jersey in mottled navy.

linen jersey
warabi tunic to jersey dress


I have added ribbing to neckline and bottom hem, and length extended 15cm. Sleeves are gathered and cuffs added.

Relaxing and comfortable jersey dress has turned up! I love its V-back. Definitely to sew another one, maybe in wool jersey for autumn-winter.



( webclap with a short message )
Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

Drape Wrap Shirt "Monaca" from Waffle Patterns

monaca from waffle patterns

Pattern : Monaca from Waffle Patterns
Fabric : polyester chiffon with monochrome floral print

This over sized easy-to-wear shirt is very relaxing without any tightness, yet somehow elegant with drapes in front, longer back length, shirt collar with stand, and 3/4 length sleeves.

Because of the draping wrap front hem, I had to choose fabric that look good in both sides (reversible). When I wanted to sew this with printed fabric, it should be sheer so the print look equally good in both right/wrong sides. So challenging to sew, especially the collar and stand, with such sheer chiffon.


monaca from waffle patterns


Anyway, my effort has got rewarded for the result, a light and comfortable (and quick dry) blouse. A perfect everyday casual!

So far I wear it on my tank top, and when weather get cooler, I'd like to wear it on high-necked tee/knit.



( webclap with a short message )
Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[トップ] Lekala 4286 ブラウス

Pattern Review という英語の洋裁型紙コミュニティサイトで開催されている The PR Sewing Bee 2015 というイベントにエア参加しました。チャレンジしてみようかな、と思ったのが1回戦の締め切り当日で、そこからパターン購入、切り貼り、裁断、縫製、と頑張ったのですが(当然のことながら)間に合わず。でも締め切りに向かってガガっと動く、というのが久々のことで中々楽しかったので、2回戦目以降も勝手に場外参戦するかもしれません(本来は勝ち上がっていくシステムなので勝手に2回戦目へは進めませんw)。

20150908lekala4286s.jpg
以下、本家のテンプレートにのっとって記述してみます。


// Sewing Bee 初戦 - ピッタリ系ブラウス //

仕様型紙 : Lekala 4286 Vネックのボウカラーブラウス
豊富なダーツ(前胸、前ウェスト、後肩、後ろウエスト)と後中央のはぎによりフィットしたラインを実現。脇にコンシールファスナーあき、布帛、セットインスリーブ。

生地 : レーヨン混プリント地、110cm巾 x 2.0m

あき仕様 : 左脇にコンシールファスナー

その他の要素 : Vネックラインのボウカラー、セットインスリーブ(カフ付)、ポケットなし

ピッタリ実現の工夫 : ダーツと縫い代で微調整程度
Lekalaは自分のサイズに合ったPDF型紙を吐き出してくれるシステムなので自己努力個所はほぼゼロ(今回の初戦ではココの試行錯誤が大切らしいのだけれども)

このブラウスの好きなところ : イギリスのおばあちゃんが着ていそうなところ

チャレンジ個所
なるべく簡単なパターンを選んだつもりだったけれど蓋を開けてみるとチャレンジ個所多し。扱いにくいレーヨン生地、ダーツだらけ、脇にコンシールファスナー、カーブたっぷりの裾、Vネックにボウカラー(Vの頂点をどう縫うべきなのかわからないままなんとなく仕上げた)・・・

その他(ブラウスや制作過程について伝えたいこと)
この手のプリント地にしては珍しくパキっとクールな色合いですっごくかわいい生地なので縫っている間しあわせだった。できあがってみると想像と違うものになっていた。ハワイアンなマキシ丈ドレスだとかに仕立ててあげるべき布なのかもしれない。



Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

MMM 完走しました!

MMM2015
今年初参加となった Me-Made-May 、31日間完走いたしました。まとめがその3以降更新できずごめんなさい。後半はやはり色々な意味できつかったです・・・

Flickr と Instagram での閲覧回数や ☆ や ♡ の数を見るに、反応が大きかったのは 5 14 27 28 あたり。パッと目を引くプリント生地、綺麗な色味、タックやギャザーなどの陰影が上手く映ったもの(ざっくり)。そしてなぜか 29 も人気でした。テーマフライデーの課題が「街」だったので、服より背景がメインの画像なのですが、そういう生活の片鱗が見られるのも MMM の醍醐味なのかな、と思ったり。

私自身、世界中から参加された皆様の制作物や制作環境を拝見できてすっごく楽しかったです。素敵なお庭、格好いい壁、絵になる街角、森、洋裁アトリエ・・・そうした背景の中、笑顔で自作服をまといポーズをとる洋裁人たち。ものすごいペースで大量の画像が更新されるので、わーっと圧倒されながら流されて、消耗しつつ、それでも何かが自分の中に残っていく、そんな1か月でした。

MMM期間中の新作は、放置案件を仕上げただけのものや子供服を含めて15点程。意外と縫っていました。いくつか詳しく記録したいものがあるので、それらについては個別にブログ記事を書きたいです。

予定(妄想)していたけれど実行できなかったアイテムは STIKAセタカラー3Dブロードパル で装飾したカットソー、シャツ/ブラウス系トップス、バッグなど小物、アウター。MMM期間中妄想リストに追加された海外型紙は schnittchen

燃え尽きたー、と言いたいところですが、裁断を待っている布山脈が聳え立って私を見下ろしています。MMMで標高下がるはずだったのですが。あれれ。


Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[ジャケット&ニットワンピース] Dita / Hilda (たまねぎ工房)

Dita / Hilda (たまねぎ工房)
 【 大き目画像はこちら 】 

Dita/ディタ - 2スリーブタイトドレス - 無料配信PDF - たまねぎ工房
└ 圧縮ウール 光沢パイル [黒] (ジゼル) W75 R25
Hilda/ヒルダ - ばんざいジャケット - たまねぎ工房
└ シルバーラメ入りツイード、 綾織キュプラ裏地 [黒] (日暮里実店舗)
■ スヌード (100㎝x65㎝を筒状に)
└ シール生地 (布橋商店)
制作:2015年1月

たまねぎ工房主催新年会のドレスコードが「自作のもの着用(どこのパターンでも可)、パーティー仕様」だったので、縫ってみたいと思いながらも機会のなかった Dita と Hilda に挑戦しました。スヌードとピアスも自作です。

Ditaは光沢のあるパイルが表情豊かな圧縮ウールニットで 店長ブログ記事 を参考にファスナー、スリット、見返し省略。ポケットも省略。袖はAタイプ(長袖)ですが、生地が足りなかったので七分丈かつカフスのように切替が入っています。すごく簡単な仕様になってあっという間に縫いあがったけれどきちんと感があるニットワンピースになりました。

Hildaはギラギラしたモノトーンツイード。そもそもの仕様が総裏、留め具なし、袖と身頃が一体化、というシンプルなものだった上さらにポケットを省略し、こちらもスピードソーイング。袖がバンザイをしている面白いパターンなのですが、とにかく巨大で裁断が一番大変でした。裁ち端にはぐるりと 滑脱防止テープ (バイリーン SPV-20 と同等) を貼りました。動きやすく肩が凝らず下に着るものを選ばない(ドルマン袖などもOK)優秀アウターになる予感(ただ羽織るだけではそこはかとなく半纏感が漂うので個人的に着こなし難易度高いです。ブローチかベルトを入手せねば)。

以下は新年会用に調達した小物たちです。ピアスについては別途記事書きます。

ピアス、コーム、ネックレス

  • 自作ピアス : 貴和製作所 でgetしたパーツを貼り合わせ。コットンパール&スワロ。

  • ストーンコーム : 今回のテーマ色「シルバーxブラック」なコーム。プチプラ。重い。

  • ネックレス : ピアスに合わせてコットンパールのネックレス。軽い。パイルにひっかかる。

  • タイツ : ワンピースが無地なのでタイツはダイヤ柄に。程よい着圧。

  • インナーコーム : 初めて夜会巻きに挑戦するにあたってお世話になったEコーム。



Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分服] タックスカート Gemma ジェマ (たまねぎ工房)

タックスカート Gemma ジェマ (たまねぎ工房
制作:2014年11月末

Gemma ジェマ たまねぎ工房

たまねぎ工房の Gemma (ジェマ:タックスカート)をブルー系(あかるめの紺)ツイードで縫いました。丈を少し伸ばしてひざ丈くらいになっています。あきのところはボタンのかわりに パールスナップ を使いました。

ツイードといっても厚みはそれほどなくやわらかな生地だったので、タックが程よくおさまっています。まったく着やせ効果はありませんが、ふんわりかわいくて楽しいスカート(しかもショップ移転を機に無料化!)。ロングブーツと合わせて履きます。

Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分服] タックドタンク Sibyl シビル (Annee-Patterns)

タックドAライン カットソータンクトップ 7Sibyl シビル Annee-Patterns

Tシャツの気楽さで縫えるカットソーを量産。タックのおかげでTシャツより涼しいです。

気楽と言いましたが、タックは慣れるまでややこしく、襟ぐりと袖ぐりはきれいに収めるのが難しかったです。襟ぐりはかなりの伸ばしつけを強いられ縫い代が浮いてきてしまうのでコバステッチを入れました。袖ぐりは伸びて広くなりがちなのでパーツが数センチ余るくらい伸ばしつけしました。

今回色々な素材で縫ってみて、比較的きれいに仕上がったのはストレッチの入った天竺で復元力のあるもの。ただ、レーヨン混だったため落ち感が出て軽やかさにかける気もします。ショップ作例のように張りのあるコットンニットでふんわりとさせたいな、とも思うのですが、その場合共布衿をきれいに収められるか・・・自信がありません。見返しやバイアス始末に変更してみたらよいのかな。むむむ。


日暮里パキラ楽天店より

リバティニット Jody フライス  ソフトベア天竺ストレッチ  強撚フライス
 


Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分アウター] ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房

ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房
10AW-J03 Sophia ソフィア (たまねぎ工房
├ ウール & 水玉キュプラ [グレー] (長戸)
プラスチックスナップ φ21mm [半透明] (WINGS
├ ボタン [グレー] (熊谷
└ 芯地 バイリーン JP225
制作:2014年1月

今年こそはコートを縫う!と誓いながら春を迎える、の繰り返しが数年続きましたが、今シーズンは遂行しました。友人のソフィアが格好良くて、羽織らせてもらったときのことを思い出してはミシンに向かいました。

パターンは、 たまねぎ工房 (移転オープンおめでとうございます!)、 ソフィア(ドレープカラーコート)。パターン紙の大きさにひるみましたが、縫製自体は丁寧な仕様書のおかげで挫折せずに済みました。肩の縫い合わせには若干不安が残っています(縫い代まで縫わずに点で合わせるタイプはいつも不安になります)。

仕様書の「アレンジ」項を参考に着丈を+10cm。ボタンは プラスチックホック(スナップボタン) & 飾りボタン。スナップ仕様にしてしまったので、せっかくのドレープカラーを開けての着用がためらわれます。手縫いのボタンホールを練習しようかな・・・

日暮里トマトのノーション館で各種素材のリネンチケット(洗濯表示タグ)が10枚100円で販売されていたので、ウール用を入手、脇に挟みました。クリーニングに出すとき、何もタグがないと色々つっこまれて大変なのです。

ソフィア (ドレープカラーコート) たまねぎ工房
表地は少し毛足のあるウール、裏地はグレー地xチャコールグレードットのキュプラ。何も考えずにアイロンをぐいぐい当てていたら毛並みが悪くなって(すべすべ→がっさがさ)しまったので、そういえばこういうときに使えるアイロングッズを持っていたはず・・・と アタリカット を使用したところ毛並みそのままでぱきっとプレスを効かせることができました。

芯地はバイリーンの JP225 。不織布芯地。オフィシャルな説明によれば「ソフトでやや厚み(ボリューム)感がある風合い/適度な融通性/なじみが良い」とのこと。ダブルドット樹脂なので、接着しやすかったです。また、不織布なので取り回しやすく、巨大かつ変形の前身頃芯貼りもこの芯のおかげで乗り越えられました。

 

  • アイロンはデロンギの 6299/2N 、アイロン台はバキューム機能のある ベビープレッサー807型 を使用しています。

  • デロンギのアイロンは2011年いっぱいで販売終了していましたが、昨年より アリエテ(Ariete アリエッテ アリート) から 新型 EL-6299/2N が発売中です。

  • 6299/2N ボイラー内蔵型・パワースチームアイロン 解説サイト →

  • ベビープレッサーは静音ファンに改良されたモデルもあります → 807S型


 
アリエッテ スチームアイロン EL-6299/2N   ベビープレッサー 807S型   プラスチックスナップ φ21mm

 


Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分服] カットソー、パンツ、コート たまねぎ工房

アテネ エメラルド バタカップ たまねぎ工房
Athena/アテネ(V衿ドレープカットソー)
└ シルク天竺ニット (アザトいのうえ)
Emerald/エメラルド(タイ風ワイドパンツ
└ パナマプリントコットン (日暮里トマト セレクト館)
Buttercup/バタカップ(裏無しフーデッドコート)
└ 組成不明 ヒョウ柄ジャガート (実店舗)
制作:2013年9月下旬~10月上旬

職業用ミシンが楽しいおかげで長らく積みっぱなしだったパターンが続々活用されています(一方で勢いがいいときは在庫補充もがんばっちゃうので罪庫高は減りません)。

アテネ、デリケートなニット地だったので、縫い目やしつけあとからさっそく穴があいてしまいました。もう少し丈夫でぷるっと感のある生地でリベンジします。ドレープを出すには厚みもある程度必要かな。

エメラルド、これ、いい!(今更w) 前の折り重なった立体感が私自身の立体感(?)をごまかしてくれている気がします。ファスナーつけがなく、ベルトが輪になっているので、パンツなのに簡単きれいに仕上げられるところも好きです。夏にはリネン、冬にはウールで縫いたいな。ショップサンプルのダブルガーゼも気持ちよさそう。

バタカップ、近所の実店舗でレインコート用のジャガード生地を探している、と伝えたら、これ、といって出てきた生地。ですがまったく撥水性はなくむしろ水があっという間に染み込む。すぐ乾く。まったく静電気がおきない。素材は不明だけど、裏地によさそうな性質・・・防水スプレーをかける、という手もあるけれど、これはこれでダスターコート的に着ようかな。そして再び防水生地を探す旅が始まるのでした。









Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分服] 847deux* by アネパターン

布帛ワンピース(847deux*)アネパターン
847deux* (Annee-Pattern
├ キュプラ混コットンプリント (服地のアライ)
└ リバティ Liberty タナローン Koharu [2010AW]
制作:2012年6~8月

母の誕生日プレゼントにリバティプリントでワンピース(孫と色違いのお揃い生地で、という付加価値つき)を縫いました。試作を兼ねた1着目は自分用です。こちらは臨月のお出かけに重宝しました。

型紙はアネパターンの 847deux* 、ポケットもファスナー付けもなくシンプルなワンピースです。後ろがV、前がスクエアな襟ぐりがかわいいです。今回ベルトループを省略、袖をカットしてスリットなし、にしたので本当に簡単ソーイングでした。ベルトでウエストマークをするとすっきり、ジャケットとあわせるとまた雰囲気が変わるので、中々着回しやすそうです。
縫製&見た目のシンプルさが中々よいので、カットソー用にアレンジされた Shena の方も縫ってみたいなー、なんて思っています。

画像、左側は第1弾(試作、自分用)。薄くてフワテロなキュプラ混生地。どこかハワイアンな雰囲気。母には襟ぐりが広すぎるというので、第2弾(リバティタナローン)はぐるっと2cmつめました。それでもかぶりで着用できました。タナローンくらい張りがあるとスカートのフレアがきれいに出ます。画像右下は色違いの生地で縫った娘服です。

リバティプリント、使用したのは2010AW(秋冬)のKoharu。仕立て栄えする柄でした。このときの限定柄には他にも日本人女性名がつけられたデザインが色々あって、服地によさそうな素敵さにうっとりします。実際、Koharuはアナスイ、Keikoはアンドローズ等に採用されているとか。

【Liberty 2010AW 日本女性名シリーズより】
(左から Koharu Yoshie Keiko)

Koharu Yoshie Keiko



アネパターンのドレス(ワンピース)は他にもマタニティ期に活躍したものがあります。伸びるニット地で腹囲がおさまるサイズを縫えば着用可能でした(前下がり補正などもせず、そのまま)。画像左が Beebee 、中央が Pleple2010 です。

マタニティ in Annee-Pattern

Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[自分服] ダブルヘムスカート MPL

Nana(アネージ)+ダブルヘムスカート(MPL)
S0802 ダブルヘムスカート(廃盤) (MPL
└ 綿主体のイタリー混紡 [ライトベージュ] (Annee-Patterns
制作:2012年3月

こちらは入学式に向けて。ジャケットは、卒園式用に縫ったNanaと同じパターンですが、自分では縫わずにアネージのサイズオーダーを頼みました。自分にとってはかなり思い切った決断でしたが、時間が足りないこと、アネージの縫製を見てみたかったこと、ジャケット使用生地(表&裏地)の購入も可能(スカートかワンピースを自分で縫えばアンサンブルになる!)なことから踏み切りました。

スカートはぶっつけ本番の初パターンという強行ぶりでした。構造上表地の用尺が少なく、ウエストゴムのため後からの調整が可能、ということで選んだMPLのダブルヘムスカート(廃盤)ですが、セットアップとしてはバランスがイマイチです。裾にステッチが入るためカジュアル感がありジャケットの雰囲気と合わず、使用したゴムがいけなかったのか着用していておさまりがよくないです。そもそもこのパターンは薄手~中肉向きなのでした。次回は薄地でリベンジします。

アネージにお願いしてジャケットより先に生地のみ送ってもらったのですが、届いたものを見たときは、思ったほど明るいベージュではないな、クールな色味でもないな、自分では選ばない裏地の色だな、等々、少々複雑でした。でも裁断しやすく、針どおりがよいので縫いやすく、ステッチがきれいに入り、裏地も合わせてみると自然に明るく優しい雰囲気が出て・・・これがプロの審美眼が成せる業なのだな、と感動しきりです。ジャケットも裏返して隅々まで観察し、自作のNanaと比べるなどして、楽しみました。


Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |