Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ

縫代利用の簡単ギャザー(裾/衿/袖に)

簡単ギャザー縫代部分に糸を通しギュッと絞ることでギャザーをつくる方法を試してみました。 【画像クリックで詳細表示】

ニットパンツやスパッツの裾、ハイネックカットソーの衿、等にギャザーをよせるとデザイン性が出て雰囲気がかわります。カットソーの脇裾にギャザーを入れるとラウンドカットのようなシルエットになりかわいいです。

糸を抜けば元に戻るので、「夏ギャザースパッツ → 秋冬ストレート」と、スタイルを変更して着用できます。大きめサイズでカットソーを縫い、袖や裾にギャザーを入れ、子供の成長に合わせてギャザーなしに戻す、という利用方法も考えられます。

・・・と、御託を並べてみましたが、ようは「縫代部分に平ゴムを伸ばしながらミシンでたたきつける」のが難しかった為の回避策です。結果的に以下の利点を発見しました:

  • 簡単 (ミシン不要‐ゴム糸を縫い目に通すだけ)

  • 肌あたり&見た目よし (ゴムは縫代内に収まっている)

  • ギャザー分量調整容易 (様子を見ながらゴム長さ決定)



画像のニットパンツは、約8cmの長さ(距離)にゴムカタン糸を通し、4cmまで縮めています。糸は2本どりです(1本では洗濯に耐えられませんでした)。平ゴムたたきつけ、と比較すると耐久性に不安はありますが、2本どりに変更後は数ヶ月間体操服として活躍しています。裾ギャザーに飽きたら膝ギャザーもありかな、と妄想しています。



【ゴムカタン糸】

金天馬ゴムカタンほつれにくい
金天馬 色々耐性UP



Sewing Tips
-
| comments (7) | trackbacks (1) |

[オイルクロスバッグ] chikuchikuhappy/RickRack

chikuchikuhappyビニールコーティングのトート
コバステッチがきまるビニコトート
│ (chikuchikuhappy
└ ビニールボンディング
  [マルチボーダー]
  (peu connu) 閉店
制作:2010年7月

中々消費できないコーティング生地を実用的なバッグに変身させたいと思い、あちこちで評判のよい chikuchikuhappy さんの型紙を入手しました。商品説明では「レシピ」と表現されていますが、ちゃんと実物大パターンつきです。しかも2サイズ。一般的に縫いにくいと言われるツヤあり(光沢)厚手の生地でも縫製に支障がでないよう、よく考えられています(コバステッチを入れる手順の他、縫い代の重なりを軽減する工夫など)。パターンは持ち手、側面、底、の3パーツ。パターンどおり、手順どおりに製作したところピシッと自立するトートができあがりました。


RickRackラミネートバッグ(中に箱を入れて撮影しています)
ラミネートバッグ (Rick Rack
アップルラミネート [0.2mm厚・モカ]
リングファスナー [AG/ネイビー&プラ/生成]
制作:2010年8月

RickRack さんのラミネートバッグは、横型&ファスナ付、です。マチはたっぷり12cm。縫製手順は一般的なポーチの縫い方と大差ない感じ(本体が縫いあがってからコバステッチを入れる指示)。パターンは持ち手と本体の2パーツ。RickRackオリジナルラミネートは0.2mm厚の方でも薄手なので縫いやすかったです。持ち手は短めで、肩にかける場合は数センチ伸ばした方が使い勝手いいかもしれません。生地を50cm購入し、バッグの他、RickRackリングファスナー[小]と幅がぴったりのポーチをひとつ裁断できました。

RRラミネート生地の説明では「光沢あり=ビニールコーティング、つや消し=ラミネート」と読み取れるような表現がありますが、一般的にはラミネートもビニールコーティングもオイルクロスも同義ですよね。言ってみれば二層以上重ね合わせる加工がラミネート、重ね合わせる片方がビニール素材ならビニールコーティング、防水加工生地全般がオイルクロス?


どちらのパターンもオイルクロス専用っぽい名称ですが、汎用性はあると思います。ラミネートバッグの説明「キルティング生地や麻デニムでも」を見て子供用レッスンバッグを妄想しました。コバトートの方は、レザーや帆布で挑戦してみたいです。


Sewing Projects > Others
Sewing Projects
| comments (2) | trackbacks (0) |