Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ

[パーソナルカラー診断] Best Color Room ALICE にて

カラー診断とは、その人の肌や目、髪の色、骨格や雰囲気などから、似合う色を導き出してくれるというものです。私はソーイングブロガーさんの間で評判の アリス で診てもらいました。メイクやファッション、ヘアカラーなどについてもアドバイスしてもらえます。何種類かあるコースのうち、私は生地選びについて相談したかったので(後出の)ドレープテスト短縮版と相談時間のある「ファスト+ご相談30分コース」にしました。

似合う色については、カラー群(グループ分けされた色)で教えてもらえます。アリスの場合、色の3属性(色相:イエロー系統/ブルー系統、明度:高い/低い、彩度:高い/低い)の組み合わせにより、8グループに分類しています。それぞれに独特かつイメージしやすいグループ名がつけられています(トロピカルヘルシー、スパイシーリッチ、など)。

診断を受ける前、アリスの WEB自己診断 や書籍 ベストカラー発見BOOK で自分はどこのグループに属するか、想像してみました。普段着ている色、好きな色は、淡い中間色やナチュラルカラーなのでナチュラルシックかソフトエレガントかな。意外と濃い色も似合いそうだから、ラグジュアリモダンもありかな。云々。

201104_colour_3.jpg
Reviews
-
| comments (4) | trackbacks (0) |

[白ブラウス&紺スカート] MPL/Recherche

2カラーヨークブラウス(MPL)+マーメイドスカート(Recherche)
K0901 2カラー ヨークブラウス [6号:115cm] (Mパターン研究所 MPL
└ イタリー コットンボイルダブルクロス [白] (Yahoo Auc.) 85cm巾
マーメイドスカート [120] (Recherche
トーア紡 サージ [濃紺] (Outlet Fabrics) W65/PE35
制作:2010年12月 着用:114cm/20kg

幼稚園での行事用に「白のブラウスと濃紺のスカート」を用意しました。

ブラウス用パターンと生地は「着心地のよさ」を求めて探しました。自分のことを振り返ってみても、普段着と格差のある格好は落ち着かず快適ではないことが多々あり・・・その点、MPLの 2カラーヨークブラウス は、きちんと感がありながら、ヨークとギャザーのおかげでふんわりと肩の動きを妨げず、「ボウリボン+袖カフス省略」バージョンにすることで首まわりや手首も苦しくない、という理想的なデザインです。生地は、二重のコットンボイル。いわゆるダブルガーゼより織が細かくやわらかく、ぷるっと弾力があり暖かく、しかもシワができにくい、という初めて手にするタイプの生地でした。

2カラーと題されているとおり、このパターンではフラットカラーも縫えます。春夏式服には薄手のストレッチコットンで衿付バージョンを、と思っています。
MPLのパターン、以前は敷居が高いと思っていましたが、カット済みの上、縫製テキストが詳しく、2つ目以降半額制度もあり、魅力的です。サイズアウトが怖くないというか、ジャストサイズで縫おう!という気分になります。

スカートは 以前縫って 個人的に好評な マーメイドスカート です。生地は、濃紺という指示があったので、サンプルを取り寄せて決めました。制服用のウールサージです。プレスを上手に効かせることができず、縫い目が少しふわっとしています。折り目加工スプレー等を頼ればピシッとなるでしょうか。今度試してみます。

始業式もこの組み合わせで、と思ったらスカートのウエストがぱっつんぱっつん・・・数ヶ月の間に育っています。新たに縫うか、ゴムで調整するか、悩む時間もないのですが。悩みます。


Sewing Projects > Kids
Sewing Projects
| comments (4) | trackbacks (0) |

[おでかけ服] エコールドレス Recherche

エコールドレス(Recherche)
エコールドレス [120] (Recherche
└ マルチカラーの薄手ウール (実家在庫)
制作:2011年1月 着用:114cm/20kg

冬のおでかけ着に エコールドレス を縫いました。画像左端の白ブラウスは 2カラーヨークブラウス ですが、それは別記事に。

実家の押入れに眠っていたウール、耳の記述によればイギリス製のスーツ地のようです。着分カットがファスナーやホックとセットで袋に入ったままでした。母がスカートを縫おうと妄想し入手したと思われます。遠目にはブルーグレーなのですが近くで見るとグレープ色などもまざっていてかわいらしく、これはエコールドレスに!と迷いませんでした。

エコールドレスはシンプルな、名前の通りヨーロッパの制服にありそうな、ジャンパースカート(和製英語)です。ネックラインが少しスクエアっぽいところがかわいいです。襟ぐり、袖ぐりがバイアス始末なのですが、今回のような目の荒いウールだと共布バイアスは難しかったです。見返し始末にアレンジすればよかったかもしれません。

ひざ丈で、蹴回しもほどよく、問題なく走り回っていました。ただ普段あまりスカートをはかないので、立っている状態はいいのですが座るとお作法がついていかず・・・着座メインのイベントでは他のドレスアイテム(マーガレットやロマンティーク等)のようにスカート部がふんわりしていたほうがよいかも、と思いました。

このエコールドレス、そもそもはリブニットでネックや袖を継ぎ足しワンピースにするという妄想の元購入しました。身頃は茶系の千鳥、ニット部分はバニラ~生成り色で、とかなり具体的な妄想なのですが、もう春ですね・・・


【Recherche ドレス系】

エコールドレス  ミニマムドレス  プリーテッドドレス  ロマンティークドレス  マーガレットドレス



Sewing Projects > Kids
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[TIPS] 返し口 / ランチョンマットのサイズ

幼稚園で使っているランチョンマットが小さすぎる、と、使い始めて随分たってから報告されました。おりしもキルトフェスティバルで小さめのカットクロスを購入したばかり、少しキルトっぽい作業をしたい気分だったので新調することにしました。


■ サイズの算出 (黄金比/白銀比)

201103_lunchonsize.gif数年前 園グッズを揃えたとき と同様、表は切り替え&裏は一枚布にし、中縫い後表に返し周囲にステッチを入れる仕様に決定。当時は切り替えのバランスを黄金比と白銀比でつくり比べたのですが、本人曰く白銀比の方が使いやすいということなので、今回は白銀比1本でいくことに。

Webデザイン白銀比計算ツール でバランスを見ながら(あまり半端な数値にならないよう)切り替えサイズを算出し、面積の小さい方をパッチ用に5分割、それぞれのパーツに1cmの縫い代をつけて裁断しました。


■ 返し口 TIPS (垂直ステッチ)

ランチョンマット・返し口TIPS
中縫い後表に返し周囲にステッチを入れる仕様は丈夫に仕上がってよいのですが、返し口が微妙に広がったりずれたりすることが多く、要対策でした。これまで試した方法は:


  • 返し口に荒めのステッチをかけ、アイロンで折り目をつけ、荒めステッチの糸を抜いてから表に返す

  • 返し口に剥離紙つきのアイロン接着テープを貼り、アイロンで折り目をつけ、表に返してから返し口を接着

  • 返し口を接着テープやスティックのりで固定してから表に返す


などなど、なのですが、いずれにしても返すときに返し口を伸ばしてしまうのか、完成度が高められませんでした。その後 Oliver+S の仕様書で「垂直ステッチ」と出会い、今はこれが私の定石です。 【画像クリックで拡大表示されます】

【返し口TIPS】

  • 布端からできあがり線に対して垂直に縫い始める(ステッチが直角になる)

  • 縫い終わりも同様に(垂直/直角ステッチ)

  • 縫い代を折り、アイロンプレス

  • 返し口のできあがり線にシームオープナーでぐいぐいしるしつけ(表、裏、両方から)

  • 表に返し、アイロンでととのえ、ぐるりとコバステッチ


垂直ステッチをいれることで、返し口が安定します。表に返すとき、ついグイグイと力を入れてしまうのですが、それでも伸びずに収まってくれます。この方法と出会ってから「どこが返し口かわからない」仕上がりに近づいた気がします。

【使用生地】
 メイン : 綿オックス ウサギやバンビとローズフラワー
 パッチ : USAコットンプリント moda japan のコレクションより


Sewing Tips
-
| comments (3) | trackbacks (0) |