Arun's note

子供服を中心としたソーイングライフログ

[自分服] カットソー、パンツ、コート たまねぎ工房

アテネ エメラルド バタカップ たまねぎ工房
Athena/アテネ(V衿ドレープカットソー)
└ シルク天竺ニット (アザトいのうえ)
Emerald/エメラルド(タイ風ワイドパンツ
└ パナマプリントコットン (日暮里トマト セレクト館)
Buttercup/バタカップ(裏無しフーデッドコート)
└ 組成不明 ヒョウ柄ジャガート (実店舗)
制作:2013年9月下旬~10月上旬

職業用ミシンが楽しいおかげで長らく積みっぱなしだったパターンが続々活用されています(一方で勢いがいいときは在庫補充もがんばっちゃうので罪庫高は減りません)。

アテネ、デリケートなニット地だったので、縫い目やしつけあとからさっそく穴があいてしまいました。もう少し丈夫でぷるっと感のある生地でリベンジします。ドレープを出すには厚みもある程度必要かな。

エメラルド、これ、いい!(今更w) 前の折り重なった立体感が私自身の立体感(?)をごまかしてくれている気がします。ファスナーつけがなく、ベルトが輪になっているので、パンツなのに簡単きれいに仕上げられるところも好きです。夏にはリネン、冬にはウールで縫いたいな。ショップサンプルのダブルガーゼも気持ちよさそう。

バタカップ、近所の実店舗でレインコート用のジャガード生地を探している、と伝えたら、これ、といって出てきた生地。ですがまったく撥水性はなくむしろ水があっという間に染み込む。すぐ乾く。まったく静電気がおきない。素材は不明だけど、裏地によさそうな性質・・・防水スプレーをかける、という手もあるけれど、これはこれでダスターコート的に着ようかな。そして再び防水生地を探す旅が始まるのでした。









Sewing Projects > Ladies
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |

[チュニック] 4092 Tunic with pockets (lekala)

lekala 4092 Tunic with pockets
4092 Tunic with pockets [140相当] (lekala
└ コットンニット ミニ裏毛 (日暮里MOMO
制作:2013年10月上旬 着用:135cm

Twitterで紹介されていた海外のPDFパターンショップを利用してみました。 LEKALA というロシア発祥のお店です。 The Little Seamstress ソーイングメモ帖 さんにて詳しく紹介されています。

身長やスリーサイズを申告すると、それらに合わせてカスタマイズされたパターンを生成してくれる、という画期的なショップです。印刷サイズ、縫い代の有無なども注文時に選択できます。結果のPDFはメール添付で送られてきます(フリーメールだと届かないことがあるようです)。

20121001_lekala4092_d.jpg

今回縫ったニットチュニックは本来レディース向けの型紙なのですが、カスタマイズ可能なサイズの下限が身長140cm・スリーサイズ50cm、だったので、娘用に注文してみました。娘の身長はまだ135cmですが、身長140cmの平均的なサイズ(書籍を参考に)と実寸とを見比べながらテキトウな数字で注文したところ、データ生成時にエラーが出る、とショップからお叱りのメールが。アンダーバストとトップバストを同じ数字にしたのが原因でした。事情を説明すると、この型は子供向けではないですよ、とさらにお叱り。けれども最終的にはショップの判断で「身長-Tバスト-Uバスト-ウェスト-ヒップ」を「140-71-69-60-75」として出力してくれました。

ノッチは最小限、伸び止め/芯貼りなどの指示はなし、縫製手順は文字のみ画像なし。デザインは独特ですが縫製は難しくなかったです。上半身のダーツは省略して裁断。肩、ポケット口、フード口には伸び止めテープ。フードのボタンホールとコードは省略。裾は1.5cm指示のところ3cm折り上げ。アームホールはバイアステープ処理指示のところリブ始末。ステッチにはピンクラメ糸。胸にピンクラメのさくらんぼをアイロンプリント。

レディス向けだけあってわりと腰周りはタイトなので、子供用にはもっと数字を盛って申告するのもありかと(今回叱られたけれど懲りずに注文する可能性大です。ジュニア向けPDF型紙は少ないので重宝するはず!)。

【次回メモ】全体的に縦長な雰囲気なので、上半身を数センチ、裾は10~15cmカットすること。裾をリブ始末&前身頃切替部分には ウーリースピンテープ透明ゴムテープ(モビロンテープ) を縫いこむこと。


Sewing Projects > Kids
Sewing Projects
| comments (0) | trackbacks (0) |